阪神ドラフト2位ルーキー・高橋遥人投手の評価グングンアップ

高橋遥人, 阪神

阪神のドラフト2位ルーキー・高橋遥人投手の評価がアップしている。この日視察した金村投手コーチが腕のしなりに注目し、「左の岩隈」と評価した。

片鱗見せる左腕

先日はブルペンの投球でブルペン捕手から力強い球があることを評価された高橋遥人投手、この日は金村投手コーチが視察すると、「いやー、高橋はいいボールを投げていたよ」と興奮気味に語り、「イメージは左の岩隈、細身の身体で腕のしなりがあってボールにキレがある。糸をひくような軌道で、バッターの手元で伸びてくる」と球の質を評価した。

この日は立ち投げで40球を投げた高橋投手、プロ2度もブルペンは「自分の中では前よりも良くなかった。少しボールがばらついていた」と1度目のブルペンより良くなかったと話したが、投手コーチからの高い評価を得られた。

腕の振りは高校時代に工藤公康氏がべた褒めをするなど評価は高く、キレのある球が注目されてドラフト2位での指名となった。ただし大学時代でも、投げる球の質のバラつきが多く、コンスタントに質の良い球を投げられなかった。先発として起用されたシーズンもあり、好投を見せる試合も何度かあったが、長いイニングを持たずに降板する試合もあり、最後まで先発として定着できなかった事もある。

プロではフォームを固めて質の良い球が投げられる確率を上げてゆけば、良い時の能見投手や岩貞投手以上のピッチングも期待できる。

阪神タイガースのドラフト会議

「左の岩隈」高橋遥 デイリースポーツ紙面 2018/1/18

 


PAGE TOP