スポニチ大会は日本新薬優勝!JR東日本は吉永健太朗投手、進藤拓也投手が登板

吉永健太朗, 玉井大翔, 西川大地, 進藤拓也, 鈴木貴弘

社会人野球スポニチ大会は、決勝トーナメントが行われ、日本新薬が優勝した。JR東日本はルーキーの吉永健太朗投手が先発した。

JR東日本・吉永健太朗投手、進藤拓也投手などが登板

JR東日本は、高山俊選手などとともに日大三で甲子園優勝を果たし、早稲田大からJR東日本に進んだ吉永健太朗投手が先発した。捕手も同じく日大三優勝メンバーで立教大でプレーしていた鈴木貴弘で5年ぶりのバッテリー復活となった。

内容は1回1/3を投げて4失点、味方のエラーなどもあり失点を重ね、早稲田大の2年以降の状態と同じく、抑えることができなかった。「ボールは悪くなかったと思ったんですが、エラーで1点取られて、テンパってしまって」と話した吉永投手、それでも公式戦で久しぶりの投球を見せ、「先発を経験できたし、夏に向けて頑張ります」と一歩目を踏み出した。

またJR東日本は4回に3番手としてプロ注目候補の進藤拓也投手が登板すると、7回までの4イニングを投げて3安打4奪三振1失点、3つの四死球を許して突然崩れるなど、まだまだではあるものの、最後は速球で押して粘りを見せた。球速も145キロ以上を常に記録する投球で、将来が楽しみな投手。

かずさマジック・玉井大翔投手が結果のこす

この試合で対戦したかずさマジックの先発は、今年のドラフト上位候補・玉井大翔投手だった。玉井投手は6回2/3を投げて5安打1失点とまずまずの投球を見せた。予選リーグでも好投を見せ、エースとしての信頼感と安定感を勝ち取った。今大会の敢闘賞を受賞し、良いスタートを切った。

日本新薬が優勝

日本新薬は準決勝のJR東日本東北戦でベテランになる榎田宏樹投手が今大会2度目の完封勝利で勝ち上がると、決勝ではルーキーで予選リーグでも好投を見せた西川大地投手がかずさマジックを3安打5奪三振1失点に抑え優勝を果たした。

西川投手は立命館大時代に、桜井俊貴投手とエースを争い、4年春には防御率で上回る投球を見せていた。最速は145キロだが130キロ台後半の速球と変化球で安定した投球を見せる。

「2年後、プロでまた一緒にプレーしよう」と桜井投手と話したという西川投手、これで社会人としての勲章も実績も積むことができ、日本選手権への切符を手にした。都市対抗の出場という目標もあるが、トレーニングを積んで常時140キロを投げる力をつけ、秋の日本選手権でそういう投球ができれば、来年のドラフト候補として名が挙がってくるだろう。

日本新薬は小松貴志投手や栄光貴投手、中稔真選手や濵田竜之祐選手など、プロが注目した選手を続々と獲得し、チームに覇気があり活性化している。自他ともに認める豊富な練習量を誇り、今大会の優勝もうなずける。見事な優勝だった。

2016年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト

2017年度-社会人のドラフト候補リスト

日本新薬のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

JR東日本のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

「ボールは悪くなかったと思ったんですが、エラーで1点取られて、テンパってしまって」。先発は昨年5月17日の東京六大学リーグ・明大戦以来。「でも先発を経験できたし、夏に向けて頑張ります」と前を向いた。

最速145キロの実力を持ちながら、これまで桜井の話になると「僕は僕、あいつはあいつ」という姿勢を貫いていた。ただ、昨秋に桜井がドラフト指名された後には、こう約束した。「2年後、プロでまた一緒にプレーしよう」


PAGE TOP