トヨタ自動車・逢澤崚介選手に千葉ロッテが評価

社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース

都市対抗東海地区2次予選では、トヨタ自動車のドラフト候補外野手・逢澤崚介選手が2安打2打点の活躍を見せた。

対応力が向上

逢澤崚介選手はこの日、5番ライトで出場すると、2回にチーム初のヒットをセンター前に打ち、3回には2アウト満塁の場面でセンター前へ2点タイムリーヒット、2安打2打点の活躍を見せた。「変化球を理想通りに打つことができた」と話した。

逢澤選手は明治大時代の3年春に打率.341でリーグ5位になるなど、4年で83安打を記録する打者として注目、50m5.8秒の足と遠投110mの強肩など高い身体能力に、パンチ力もある選手として注目された。しかし、プロ志望届を提出したものの、ドラフト会議で指名はなかった。

社会人に進むと、「今までは来る球全てを打ち返そうと思っていた」と話し、「変化球を待ちながら速球に対応する」ことを実現するためにスイングスピードのアップを図った。

この日もセンター前にしっかりとヒットを打ち、視察した千葉ロッテの小林スカウトは「対応力が向上して打撃の確実性が上がっている。良い選手だなという印象」と評価した。スカウトのコメントは、基本的に選手を褒める事しか言わない。”良い選手だなという印象”という表現ではやや弱い感じで、プロ入りするためにはさらにインパクトが必要だろう。

左投げでポジションが限定される制約がある中で、外野手としてプロ入りするためには、プロ1軍の外野手と比較してそれに勝つ事が必要になる。例えば千葉ロッテならば、荻野選手や和田選手と比較されてポジションを奪う事ができるか、という事になる。

短いアピールの期間で衝撃的な打撃、肩、スピードを見せたい。

2020年度-社会人外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2018年大学生プロ志望届提出選手一覧
大学生のプロ志望届提出選手一覧と、その選手の特徴や簡単な紹介です。10月15日に2名が追加され、合計128人となりました。 ※10月11日に提出は締め切られました。

ロッテの小林スカウトは「対応力が向上して打撃の確実性が上がっている。良い選手だなという印象」と評価する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント