日本生命vsセガサミー戦ではドラフト指名選手6人が登場、明暗分かれる

井上晴哉, 小林誠司, 浦野博司, 大山暁史, 柿田裕太, 吉原正平

 社会人野球日本選手権は3日、ドラフト会議でチームから4人の選手が指名された日本生命と、2人が指名されたセガサミーが対戦した。

両先発は不調

 先発したのは日本生命が横浜DeNAのドラフト1位・柿田裕太投手、しかしこの日はストレートに伸びが無く、初回は無難に立ち上がったが2回から5回まで7安打を許す苦しいピッチングとなった。最初のストライクを狙い打たれて毎回ピンチを背負ったものの、なんとか2失点で切り抜けた。5回7安打4奪三振1四球で2失点

 一方、セガサミーも北海道日本ハムからドラフト2位指名を受けた浦野博司投手が先発したが、こちらも4回5安打3失点と調子が悪く、4回で降板した。浦野投手は好投するときは素晴らしいピッチングをするだけに、投げてみないと分からないような感じ。プロでは調子が悪いときでもどれだけのピッチングができるかによって、勝っていく投手になれるかどうかという事になる。

 柿田投手は今シーズンは春からずっと調子が良く、ストレートの伸びと変化球で安定したピッチングを見せていた。ここへ来てこの投球をしてしまい本人も反省をしているだろうが、また調子を上げてもらいたい。

巨人ドラフト1位・小林誠司選手は2安打2打点

 日本生命では巨人からドラフト1位指名された小林誠司捕手が8番に入ると、4打数2安打2打点と活躍を見せ勝利に大きく貢献した。しかし心配性の小林選手は「柿田の良いところを出せなかった。要らない失点はあった。僕ももっとできることがあった」と反省しきりだった。打撃に関しては高いアベレージは期待しないほうが良いが、一発長打を良い場面で見せる選手で恐怖の8番バッターになれる。捕手としての総合力の高い選手で守備型の捕手として安定感を見せてくれるだろう。

 また千葉ロッテドラフト5位の井上晴哉選手は4番を打ち4打数2安打1打点、同じくドラフト4位の吉原正平投手はリリーフで登板し、1回1/3を1安打2奪三振に抑えた。オリックスドラフト8位の大山暁史投手は中継ぎで登板し2回1/3を1安打2奪三振1失点だった。

 社会人日本選手権第3日(30日、セガサミー3-7日本生命、京セラドーム大阪)日本生命のドラフト1位バッテリーには反省が残る勝利だった。巨人1位の捕手、小林は2安打2打点と課題の打撃で好結果を出した。一方でDeNA1位の右腕、柿田が六回途中2失点で「要らない失点はあった。僕ももっとできることがあった」とリードには納得していなかった。

 柿田は二回以降7安打を浴び、毎回走者を背負った。追い込んだ後や最初のストライクで安打されるケースが多く「走者の出し方が良くなかった。そこは反省しないと」と修正を誓った。

Gドラ1日本生命・小林が大暴れ! - デイリースポーツ:2013/10/31

  富士重工・東明が即戦力右腕の評価にふさわしい好投をみせた。初回を2者連続三振でスタートすると、六回まで無安打。七回に初安打を許し2死一、三塁のピンチを背負ったが、最後を空振り三振でしのいだ。「思い切っていけた。七回は打たれたが、失点に結びつかせないよう心がけたのがよかった」と会心の笑みを浮かべた。

巨人からドラフト1位で指名された日本生命の捕手・小林が、4打数2安打2打点と活躍した。

 1点を追う三回には、無死一塁からバスターエンドランで右越え同点二塁打。「(エンドランの)サインが出たので、迷いなく食らいついた。いい所に抜けた」と振り返った。


PAGE TOP