都市対抗はルーキー活躍、JR東日本、パナソニック、NTT東日本が勝利

NTT東日本, JR東日本, JR九州, パナソニック, 井上翔夢, 藤井聖太, 横山弘樹, 関谷亮太

 都市対抗野球は2日目3試合が行われ、JR東日本、NTT東日本がルーキー投手の活躍で勝利した。またパナソニックもドラフト候補の藤井聖太投手が6安打完封し勝利した。

ルーキー好投

 NTT東日本はプロ注目の高木伴投手が不調で、代わってエースとして投げているのがルーキーの横山弘樹投手だ。昨年は桐蔭横浜大のエースとして187cmから149km/hの速球を投げ注目されていた。

 この日のJR九州戦でも横山弘樹投手が先発すると、最速145km/hの速球と、チェンジアップ、スライダーを駆使し、4安打11奪三振4四死球で完封勝利した。

 横山投手は「もう一つレベルアップして150キロを投げられる技巧派になりたい」と話し、ダルビッシュ投手を目標にしている。

 またJR東日本も昨年プロ入りした吉田一将投手に代わり、ルーキーの関谷亮太投手がエースを務める。関谷投手も昨年は明治大のエースとして活躍し、プロ志望届けを出せば上位指名の可能性が高かった投手。

 この日は145km/hの速球とカットボールなどで5回1/3をわずか2安打に抑え6三振を奪った。「緊張していたが落ち着いて入れた」と話し、エースの役割を果たした。

 この二人は来年はドラフト上位に入って来る投手として既に注目されている。

 

今年のドラフト候補も好投

 NTT東日本に敗れたJR九州の先発は、今年のドラフト候補左腕・井上翔夢投手だった。キレのあるストレートで5回まで1安打無失点に抑えたものの、6回の3安打で3失点、7回もランナーを出した所で降板した。

 6回0/3で5安打10奪三振2四死球で自責点は2、試合に敗れたもののドラフト候補左腕として、プロで十分やれる力を見せた。プロ志望をすれば指名されるだろう。

 またパナソニックは3年目の藤井聖太投手が先発し、9回を6安打2奪三振3四死球で完封勝利を挙げた。球速は140km/h前後だが動く球を駆使し、落ち着いて打たせて取るピッチングを見せた。

 プロ入りにはもう一段回上の投球が欲しい気もするが、配球やコントロールは十分。プロ入りしてさらに成長できるとスカウトが判断すれば、ドラフト会議での指名となる。

 「完封できてホッとした。自分の責任をまず一つ果たして、チームの役に立ててうれしい」

 初回1死二塁で右前打を許したが、右翼・加藤の好返球で二塁走者を本塁で刺し、「何とか0でしのげて良かった」。エンジンがかかった2回以降は切れのある直球を軸にチェンジアップ、フォークも織り交ぜ、わずか4安打に抑えた。

 

 JR九州は井上の力投も報われず、2年連続で初戦敗退となった。0―0の6回に3連打で先制を許すと味方の失策も絡み、この回3失点。7回、先頭に二塁打を浴び降板した右腕は「調子自体は悪くなかった。負けてしまったので何と言っていいか」と口をつぐんだ。


PAGE TOP