第85回都市対抗野球 7日目のカードと注目選手

第85回都市対抗野球、大会第7日目の対戦カードと注目選手をまとめました。

第1試合

JX-ENEOS(横浜市) Honda鈴鹿(鈴鹿市)
江口昌太 182cm
80kg
2年 右右
きれいなフォームから145キロを超えるストレートが魅力、低めへのコントロールが課題 A 浦嶌颯太 182cm
83kg
1年 右右
高校1年時からプロスカウトに注目されながら結果を残せなかった、高い素質に注目 B
石川良平 捕手 173cm
76kg
1年 右右
神奈川・桐蔭学園高校出身、國學院大学の4番主将、打撃力が売りの強肩捕手 B 大城戸匠理 178cm
78kg
1年 右左
50m6.0秒の俊足に遠投110mの肩があり、リードオフマンとして法大時に首位打者獲得 B
船本一樹 投  186cm
82kg
1年 右右
桐蔭学園時代にオーバースローからサイドスローに変えて頭角を現したピッチャー B 宮崎太郎 184cm
80kg
1年 右右
長身から投げ下ろす直球とフォークが良い。 済美高校時代は2年夏に甲子園出場。 B
石川駿 178cm
80kg
2年 右右
北大津高校出身、明治大学で副キャプテン。昨年都市対抗で3本塁打記録し注目 A 飯田大祐 181cm
78kg
2年 右右
常総学院では遠投110mの強肩に甲子園でもホームランを放ったスラッガーとして注目されたいた選手 B
大城基志 172cm
65kg
5年 左左
172cmと小柄だが、宜野座カーブと呼ばれる鋭いカーブは三振を奪える球で、ストレートは143kmも低めにコントロールされている B 岡部賢也 182cm
86kg
2年 右右
特徴的なフォームからマウンドの傾斜を生かし140km/h台中盤の速球をテンポ良く投げ込む。マウンド捌きやフィールディングも良い B
大塚椋司 178cm
80kg
6年 右右
高校では146kmをマークし、ストレートと大きなスライダーで空振りを奪える投手、今年復活気味、まだ若い。 B 土肥寛昌 181cm
80kg
2年 右右
148km/hを投げる素質があり、大学時にも期待されていた、社会人2年目でエース格に B
尾田佳寛 183cm
82kg
2年 右右
広島工出身、ノビがある直球は球速以上に速さを感じ空振りが取れる B 守屋功輝 183cm
78kg
3年 右右
倉敷工業時代に143km/hの速球を投げ、プロ志望届けを出さなかった事にプロスカウトが悔しがった逸材 B
小室正人 172cm
70kg
2年 左左
max143kmだが、初速と終速の差が無く、多彩な変化球のコントロールが安定している B          
田畑秀也 180cm
70kg
5年 右左
桐蔭学園では大型遊撃手としてドラフト候補、3年夏には4本塁打15打点。50m5.8秒の俊足に長打も打てる。 B          

第2試合

パナソニック(門真市) JR東日本(東京都)
藤谷洸介 192cm
95kg
1年 右右
山口県の離島出身、角度のあるストレートを武器にする192cm右腕、90km/h台のドロップカーブ、スライダー、チェンジアップ投げる B 関谷亮太 180cm
82kg
1年 右右
明治大4年春にブレークし大学日本代表でもエース格、社会人1年目からエース A
近藤大亮 178cm
67kg
1年 右右
浪速高校出身で最速148km/hの速球が武器、巨人、阪神のスカウトが視察するなどプロ注目の速球派投手。 B 石岡諒太
187cm
87kg
4年 左左
大型ながら50m5.8秒で走る足も持つ左の強打者 B
三上恭平 179cm
73kg
1年 右右
大学時3度のベストナインに選ばれ、大学日本一にもなった捕手 B 石川修平 180cm
78kg
5年 右右
法大では主将としてチームを引っ張った。強肩捕手として社会人でも1年目から活躍を見せている。 B
足立祐一 176cm
77kg
3年 右右
大学時から実戦経験豊富な捕手でプロからも注目されていた B 岩澤寿和 180cm
80kg
2年 右右
法大出身も大学で活躍できなかったがJR東日本で活躍見せ始める B
井上貴晴 180cm
85kg
2年 右左
180cm85kgの体から120m級の特大ホームランを放つスラッガー。東都2部でリーグタイ記録の1シーズン4本塁打を記録した。 B 坂寄晴一 180cm
74kg
2年 左左
鉾田一から国士舘大に進むと、先発、中継ぎで登板し経験を重ね、社会人2年目春に好投 B
藤井聖太 180cm
79kg
3年 右右
本格派投手のフォームで上から投げられるストレートは140km前後をコンスタントに投げる B 佐々木孝樹 181cm
75kg
2年 右左
50m5.7秒の足とミート力があり、早大時プロ注目も足の骨折で社会人へ B
松田拓磨
NTT西日本
から補強
178cm
72kg
2年 右右
高校時代も140km台のストレートで注目投手だった。大学では148kmをマーク B 白崎勇気 178cm
70kg
3年 右右
球速は144kmでフォームもオーソドックスな形で目立たないが、軸足がしっかりとしており無駄な動きがない B
          畑中翔 178cm
85kg
3年 右左
力強いスイングから鋭い打球を飛ばす強打者。2012年の都市対抗野球では新人ながら王子製紙戦でホームラン B

第3試合

西濃運輸(大垣市) 三菱重工神戸(神戸市)
六信慎吾 178cm
78kg
1年 右右
広島新庄高校出身、法政大でも期待されが4年秋にようやく活躍みせた B 山田和也 177cm
66kg
1年 右左
大学3年秋に急成長を遂げた、東海大学から4安打完封勝利など7勝0敗50回1/3を投げ防御率0.53で最優秀投手 B
谷恭兵 178cm
74kg
1年 右左
左打席で力を抜いてスマートに打席に立ち、インコースを回転で引っ張り、アウトコースも手首を柔らかく使って外野に運べる B 中山勇也 181cm
75kg
4年 右右
スリークォーターからの速球が144kmをマークする B
生島峰至 177cm
77kg
3年 右左
遠投120mに足も速い選手、大阪桐蔭で全国制覇、大学でも4番務める B 守安玲緒 180cm
78kg
5年 右右
毎年ドラフト候補に名前挙がるも今年は2次予選4試合に登板し3勝記録、今年は本気 A
野田昇吾 167cm
63kg
3年 左左
167cmと小柄だが145kmのストレートを投げ、縦に割れるカーブと鋭いスライダーを織り交ぜる。高校日本代表も経験 B 吉川侑輝
NTT西日本
から補強
167cm
70kg
2年 左左
167cmと小柄だが147kmをマークする速球派左腕で、大学時代から活躍、NTT西日本ではエースとして活躍 B
山崎正衛 191cm
80kg
3年 右右
190cmの長身から141kmのストレートを投げる大型右腕投手で高校時代からプロ注目 B          

PAGE TOP