立教大が1勝1敗に追いつく、早大・竹内諒投手が148km/h記録し開花目前

吉永健太朗, 早大, 立大, 竹内諒, 齋藤俊介

 東京六大学の早稲田大vs立教大の試合の2回戦は、早稲田大が2年目の竹内諒投手、立教大が3年生の齋藤俊介投手の先発で始まった。

148km/h記録も

 早大の竹内諒投手は松阪高校時から180cmの大型左腕としてされており、最速148km/hを記録しているが甲子園では球速が130km/h台で変化球を中心に投げていた。

 2年生で2戦目の先発として起用されているがこの日は自己最速タイの148km/hを記録する。しかし3回に死球と暴投でピンチを作ると、同じ2年生の佐藤拓也選手にタイムリーヒットを打たれて1失点する。4回まで2安打3奪三振2四死球でこの1失点に抑えていたものの降板となった。

 5回から登板したのは吉永健太朗投手、復調を期待したい投手だが、5回は佐藤拓也選手に2ベースヒットを浴びたものの抑えると、6回は3三振を奪う力投を見せた。2回を1安打4奪三振1四球とまずまずの投球で、一時期の絶不調の状態からはやや良くなっている。吉永投手も手ごたえを感じてくれればよい。

 ドラフト候補の中村奨吾選手はこの日は3打数ノーヒットも2つの四球を選び盗塁を決めるなど、先頭バッターとしての役割を果たしている。ただしここまで15打数4安打で打率は.267、2本の3ベースヒットにホームラン1本と長打が出るが確実性が上がっていない。ドラフト1位で指名されるためには、ここからが勝負どころとなりそうだ。

 

立教が終盤に勝ち越し

 立教大は先発した3年生の齋藤俊介投手が先週の法大戦では6回8安打2失点、この日も5回7安打5四死球で1失点と調子は今ひとつだ。しかし、ヒットや四球でランナーを背負うも何とか粘って失点を抑え、その粘りで終盤に立教大が勝ち越してチームは勝利した。

昨年は春3勝、秋3勝と好調で、沢田圭佑投手と共に立教大の躍進につながる投球を見せている。こちらも復活を期待したい。

 

 立大は同点の七回一死二塁、代打・酒井田が、この場面で救援した田中から中越えに勝ち越し三塁打を放った。「初球から振っていこうと思っていた。スライダーです」と満面の笑みを浮かべた。リーグ戦初打点のヒーローの横で、就任4戦目での初勝利をプレゼントされた溝口監督も「こういう戦い自体は想定していたが、新しいチームの1勝はうれしい」と声を弾ませた。


PAGE TOP