明治大の新入生一覧が掲載、乾陽平投手、水野匡貴投手、斉藤大将投手、竹村春樹選手、荒井海斗選手などが入部

高校野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 明治大学は野球部のホームページに新入部員15人を掲載した。昨年の選抜大会で優勝した浦和学院の竹村 春樹選手や、夏の大会で優勝した前橋育英の主将・荒井 海斗選手、報徳学園で一時はドラフト上位候補と評価された乾 陽平投手などが入部する。

 明治大学は岡大海選手(2013年北海道日本ハムドラフト3位)や関谷亮太投手の4年生と、今年のドラフト候補となる山崎福也投手、来年のドラフト候補・上原健太投手、高山俊選手などが力を発揮し、昨年は春・秋で東京六大学を制覇した。しかし、全日本選手権や明治神宮大会では敗れ、日本一には手が届かなかった。

 今年の合格者を見ると、全国区となっている、竹村選手や乾投手の他に、静岡で144km/hの速球を投げる屈指の右腕と評価された水野 匡貴投手、桐蔭学園のエースで神奈川屈指の左腕と評価された斉藤 大将投手など実力のある投手が加わる。

 野手については180cm台の大型選手よりは170cm前後の選手が多いが、広陵の大田 創選手は140km/hを記録する強肩の遊撃手として、将来が楽しみな選手。

 糸原健斗選手や石井元選手、高山俊選手と共にプレーして成長し、4年後のドラフト会議で名前が呼ばれる選手が出てくることを期待したい。

ポジション氏名出身校特徴評価など
投手乾陽平報徳学園180cm74kg 右右最速146km/hで高校2年時に1位候補評価
投手斉藤大将桐蔭学園179cm74kg 左左制球も良い左腕、ポスト山崎福也候補
投手水野匡貴静岡高182cm82kg 右右144km/hの力のある速球
内野手荒井海斗前橋育英176cm75kg 右右前橋育英で主将として夏制覇 
内野手太田創広陵177cm70kg 右右投げても140km/hの強肩遊撃手 
内野手河野祐斗鳴門172cm72kg 右右 
内野手渋谷大輔安田学園167cm60kg 右右 
内野手竹村春樹浦和学院176cm73kg 右左50m6.0秒の俊足で盗塁技術高い、18U日本代表
内野手中澤信哉高崎高177cm73kg 右右 
内野手中野速人桐光学園166cm70kg 右左 
内野手新原晃太尚志館172cm65kg 右右俊敏な内野守備が特徴 
内野手宮﨑新履正社167cm73kg 右左 
外野手片岡大幸倉敷商168cm74kg 右左 
外野手榑林賢也九州国際大付175cm67kg 右右50m6.0秒の足で盗塁多い
外野手東原匡志天理172cm72kg 右右 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント