149キロ左腕、富士大学3年・鈴木翔天投手が完全試合達成

大学野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース

北東北大学リーグの富士大vs八戸工大戦で、富士大の149キロ左腕・鈴木翔天投手が、リーグ初となる完全試合を達成した。来年のドラフト上位候補として名前が挙がっている。

184cm左腕

鈴木翔天投手はこの日、球威のあるストレートで15個の三振を奪い、内野フライ1、内野ゴロ7、外野フライ4、118球で完全試合を達成した。鈴木投手は「まさか自分ができると思わなかった。最後は意識をしてギアを挙げた。昨日チームが負けたので、自分の記録よりも勝つことを意識した。その結果が完全試合になったと思います」と話した。

鈴木投手は184cmの左腕で最速149キロの速球を投げる。神奈川の向上高校出身で、高校時代は外野手兼投手、3年春に関東大会で準優勝をしているが、決勝の東海大相模戦では先発をしている。

富士大に進むと投手一本で成長し、3年生となった今年の春は大学野球選手権の福岡大戦で6回2安打8奪三振の好投、144キロを記録していた。

長身左腕投手で球速も149キロを投げており、この日の投球で来年のドラフト候補としてさらに注目されることが間違いなさそうだ。毎年のように好投手が出てくる北東北リーグから再びプロ野球投手が誕生しそうだ。

2018年度-大学生のドラフト候補リスト
富士大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

完全試合は仙台六大学、南東北を含めた東北の大学リーグ史上初の快挙。アウトの内訳は三振15、内野ゴロ7、外野飛球4、内野飛球1。118球で快挙を達成し「昨日チームが負けたので、自分の記録よりも勝つことを意識した。その結果が完全試合になったと思います」と謙虚に振り返った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント