震災復興支援試合、東京六大学vs南東北リーグ、北東北リーグ結果

大学野球ドラフトニュース

 震災復興支援試合として、東京六大学代表と南東北リーグ選抜、北東北リーグ選抜の試合が行われた。

 結果は以下の通り。

◆東京六大学vs南東北リーグ

 南東北リーグは東日本国際大・西川和美投手が先発すると4回を2安打1失点に抑える好投を見せた。同じく東日本国際大の中條健佑投手が抑えで登板し2回を2安打3奪三振で無失点に抑えた。

 東京六大学は慶大・竹内大助投手が先発し3回を3安打3奪三振1失点に抑えると、3番手で登板した明大・山崎福也投手が3回2/3をノーヒットに抑える好投を見せた。

 3番に入った立大・松本幸一郎選手、4番に入った、早大・杉山翔大選手はノーヒットに終わった。

 試合は4-3で東京六大学が勝利した。

◆東京六大学vs北東北リーグ

 北東北リーグはプロ注目の青森大・吉田友大投手が先発すると、3回を2安打2奪三振で無失点に抑える好投を見せた。2番手の八戸大の2年生左腕・秋山翔夢投手も3回を2安打無失点に抑えると、最後は昨年のドラフト候補だった富士大の1年生・多和田真三郎投手が3回を1安打5奪三振と好投、完封リレーを見せた。

 打線では4番に富士大・山川穂高選手が座ったが4打数1安打1三振に終わった。

 東京六大学は早大の1年生・吉永健太朗投手が登板すると3回を2安打5奪三振で無失点と1年生でMVPを獲得した実力を見せた。2番手の法大・三嶋一輝投手が2回を2安打1失点だったがこれが決勝点となってしまう。その後、早大3年・横山貴明投手が2回をノーヒットに抑えると、最後は明大・岡大海投手が2安打を打たれるも1イニングを抑えた。

 打線では3番の慶大・山崎廉選手、4番の法大・多木裕史選手が共にノーヒットに抑えられた。

 試合は1-0で北東北リーグが勝利した。

 

明日は仙台六大学vs東京六大学の対戦が予定されており、慶大・福谷浩司投手の先発予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント