【速報】全日本大学野球選手権4日目

 第4日目第3試合 早稲田大 2-1 奈良産業大

 奈良産業大は高田直則投手が初先発すると2失点したものの早大の強打線を良く抑えた。5回からは3連投となる1年生左腕・庄司力也投手が登板し4イニングを無失点に抑える好投を見せ2失点に抑えた。

 しかし早稲田大も先発の高梨雄平などが1点に抑えると9回には有原航平投手がリリーフで締め、2-1で勝利した。

 第4日目第2試合 龍谷大 7-3 東海大

 龍谷大先発はドラフト候補の杉上諒投手、力強いストレートで8回を7奪三振、3失点に抑えた。攻撃では古本武尊選手が1回に先制のタイムリー2ベースヒットを放つと、7回にもタイムリーヒットを放ち試合を決めた。

 東海大は伏見寅威選手が4打数ノーヒット、2三振と抑えられ敗れた。

 第4日目第1試合 亜大 3-0 愛知学院大

 亜大は東浜投手が連投、今日は打たせて取るピッチングを見せ奪った三振は2つ。最速は141kmを記録し、愛知学院大打線を4安打に抑えて完封勝利を挙げた。東都通産21完封のドクター0ぶりを発揮した投球だった。


PAGE TOP