今日から大学野球選手権、1日目の見どころ

大学野球ドラフトニュース 2015年大学野球選手権ニュース 2016年ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 今日から全日本大学野球選手権大会が開幕する。1日目の見どころなどをまとめる。

神宮球場

 神宮球場の第1試合ではドラフト候補左腕の奈良学園大・庄司力也投手が注目される。庄司投手は1年時に出場した大学野球選手権で2試合に完投し、チームもベスト8に勝ち進む快進撃を見せた。そして2年、3年でも選手権に出場し、今年が4度目となる。リーグ戦では他の追随を許さない圧倒的なエースとして君臨する庄司投手、もうひとつ成長が見られればドラフト候補としての名前が挙がってくると思う。

 第2試合の城西国際大には侍ジャパン大学代表にも選出されている宇佐美真吾捕手がプロ注目。セカンドまで1.91秒の強肩と強い打撃に注目。顔面骨折からの復帰戦でもあり、状態をチェックしたい。

 第3試合の大阪商業大には投手では岡田明丈投手、野手では吉持亮汰選手と投打にプロ注目選手がいる。関西NO1の声もある150km/h投手・岡田投手、そして巧で鋭い打撃に俊足で守備力も評価される吉持選手のプレーに注目したい。西日本工業大も中嶋厚徳投手は183cmの本格派右腕投手でこちらも注目。

 

東京ドーム

 第1試合の九産大vs仙台大では、九産大の3年生エース・高良一輝投手は、リーグ戦で圧倒的な成績を残して優勝を果たした。147km/hの速球は分かっていても打てないキレのある球で、仙台大打線は苦労をしそうだ。対する仙台大は今年のドラフト1位候補に名前が挙がる熊原健人投手がいる。常時140km/h中盤を記録する速球を投げるという熊原投手にはプロのスカウトも大勢押し寄せるだろう。

 第2試合の上武大は、特別注目されるという選手はいないものの、一昨年の覇者でもあり選手層が厚い。4年生では安達大貴投手が146km/hの速球を投げる。

 第3試合も投手戦が予想される。富士大の多和田真三郎投手はドラフト1位候補として多くの球団がリストアップする選手。下から伸びてくるという速球に注目が集まる。対する東農大北海道は侍ジャパン大学代表にも選出されている井口和朋投手がいる。147km/hの速球があり安定感抜群で、特に神宮球場では選手権、明治神宮大会などこれまで5試合に登板し無失点と抜群だ。しかし今年は東京ドームでの登板となり、力が試される。

全日本大学野球選手権1日目の対戦カードと注目選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント