長沢吉貴, 日本大, 峯村貴希

No Image
東都リーグ2部は日大が優勝を決めた。1年生の峯村貴希選手が現在首位打者の活躍でチームを優勝導いた。

明治大, 立教大, 森下暢仁, 川端健斗

明治大の森下暢仁投手が9回1失点で完投し、立教大から勝ち点を奪い優勝に進んでいる。立教大は1年生・川端健斗投手が先発し好投したものの敗れ、優勝の可能性が消滅した。

法政大, 山下輝

No Image
昨年のドラフトで高校生NO.1左腕として注目されたものの、プロ志望をせずに法政大に進学した山下輝投手が、フレッシュリーグで登板をした。

法政大, 三浦銀二

No Image
東京六大学リーグでは立教大vs法政大の試合が行われ、法政大の1年生で昨年はU18代表などで活躍した三浦銀二投手が登板をした。

立教大, 徳山壮磨, 正木智也, 川端健斗

No Image
東京六大学の開幕週、立教大vs早稲田大の試合では、秀岳館出身の1年生・川端健斗投手が1勝を挙げ、デビュー戦初勝利となった。

柳町達, 徳山壮磨, 正木智也, 川端健斗, 若林将平, 竹田祐, 鈴木萌斗, 東怜央, 岩本久重, 福井章吾, 篠原翔太, 磯村峻平, 小泉徹平, 丸山壮史

No Image
本日開幕する東京六大学、慶応大はこの冬から内野手転向を目指していた3年生の柳町達選手は、結局外野手で登録された。また、正木智也選手、若林将平選手、福井章吾選手もベンチ入りが決まり、正木選手はスタメン出場の可能性もある。

九州産業大, 浦本千広, 岩城駿也, 福森耀真, 森伊吹

No Image
今日開幕する福岡六大学リーグ、春のリーグ戦で4連覇をしている九産大は、今年も充実した戦力で臨む。

帝京大, 岡野佑大

No Image
神戸国際大付時に145キロの速球を投げていた帝京大の1年生・岡野佑大投手が、首都大学リーグの1戦目に登板し、抜群のピッチングを見せた。

森木大智

No Image
全日本少年軟式野球大会は準決勝、決勝が行われ、高知中が優勝した。中学NO.1右腕と評価の高い森木大智投手が、自己最速を1キロ更新する146キロを記録した。

スポンサーリンク
PAGE TOP