DeNAが新入団選手発表、選手の推定年俸・背番号と活躍の予想

伊勢大夢, 坂本裕哉, 東妻純平, 浅田将汰, 森敬斗, 田部隼人, 蝦名達夫

DeNAはドラフト会議で指名した7選手の入団発表を行った。選手の推定年俸、背番号、プロでの活躍する姿の予想などをします。

DeNA2019年入団選手一覧

順位 選手名 位置 出身 身長体重 投打 契約金 年俸 背番号
1 森敬斗 桐蔭学園 175/75 右左 10000 1000 6
2 坂本裕哉 立命館大 180/83 左左 7200 1250 20
3 伊勢大夢 明治大 181/90 右右 6000 1000 13
4 東妻純平 智弁和歌山 172/77 右右 4200 620 57
5 田部隼人 開星 185/83 右右 3100 520 55
6 蝦名達夫 青森大 185/88 右右 2800 750 61
7 浅田将汰 有明高 182/84 右右 2100 470 54

 新人選手の横顔

ドラフト1位・森敬斗選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆☆

 足については高校1年時から評価をされU18で実証、打撃については2年秋の関東大会で爆発し、U18でも木製バットで気を吐いたが、不調の時期も短くなく、プロで安定して打撃の成績を残すには更なる成長が必要。すれでもスピードボールにも思い切り引っ張る打撃が見られており、技術は非常に高い。
 課題は守備となりそうで、将来のショートとして獲得したのだからショートで成長してほしい所、打球への反応や入り方の鋭さ、送球の強さがあるものの、捕球、スローイングの安定感はまだ課題あり。足と肩があるので打撃と足が際立つならば、センターとしての起用も考えられる。1年目はほぼ出場はないとみられ、3年目にスタメンを獲得し、4年目以降に大成という事になりそうだ。5年目には☆☆☆☆☆となってそう。

ドラフト2位・坂本裕哉選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

オーソドックスなタイプの左腕投手、最速は148キロだが143キロくらいのスピードに、カットなど変化球を織り交ぜる。濱口、東のような力投型ではなく、今永のような伸びる球でもない。石田投手に近いイメージか。濱口、東が復活してくれば、石田もリリーフに回るような豊富な左の先発陣で1年目から先発で活躍というのはかなりの高い壁となる。まずはリリーフから結果を残していく事になりそうだ。ただし長いシーズンで投手陣は故障や不調が表れる。その間に先発で4,5勝を挙げるくらいの実力は持っている。

ドラフト3位・伊勢大夢選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆

横からの150キロを超す力のある球が持ち味。大学でも1イニングならば抑える力があり、調子が良い時は本当に打たれない。しかし2イニング目になるととたんに失点したり、良くない時は球が真ん中高めに集まり痛打を食らう。球威で押し勝つ事も可能だがリスクも高い所があり、1軍のリリーフで登板するならば、制球が鍵となってくる。それでも体と強い球がある投手で、右のエスコバーのようにやや制球が荒れていた方が怖い選手になる可能性も秘めている。

ドラフト4位・東妻純平選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆☆

肩については昨年の益子捕手も評価が高いが、遠投125mの強肩はキャッチボールの相手に恐怖を感じさせる。また打撃もしっかりとスイングができ、打球を運ぶ所も見られた。木のバットになると飛距離は出なくなるかもしれないが、強い打球を広角に飛ばせるので打てる捕手としての期待が高まる。1年目の出場は期待しないが3年目には1軍の2,3番手捕手としてベンチ入りしてもおかしくない。

ドラフト5位・田部隼人選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆☆

185cmの大型捕手で、特にスローイングはメジャーリーグの選手のような送球を見せる。ひょっとすると1位の森選手と同じくらいの守備を見せるかもしれない。打撃はボール球もホームランにしてしまい、広角にヒットを量産する打撃センスがあるが、プロでは球の見極めが重要になってくる。できれば2年目までにファームで2ケタホームランを記録し、1軍入りへアピールしたい。

ドラフト6位・蝦名達夫選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

肩・足・打球の強さと3拍子揃った選手で、楠本選手に近い所がある。キャンプから首脳陣の目に留まるような選手で、佐野、楠本と同じような期待のされ方、使われ方をしていくのではないかと思う。しかし、そこからレギュラーを獲るために、もう一つ突き抜けた所が必要になってくる。筒香選手が抜け、ソト選手も再来年はメジャーに復帰となるかもしれず、ポジションは3つとも空いている。2年目に1軍で50試合くらいに出場できるようになりたい。

ドラフト7位・浅田将汰選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆☆

U18では佐々木、奥川、西、宮城とはやや線を引かれた所がある。しかし春先はストレートの威力はU18W杯以上だったと思われ、疲労がある中での登板だった。カーブをうまく使えるが、得意のスプリットをもう少し使える球にしたい。タイプとしては飯塚投手という感じ、飯塚投手も期待をされながら1軍に定着できていない。1軍に定着するためにはやはり球威は必要で、まずは1年目は150キロをしっかりとクリアする身体を作りたい。

横浜DeNAベイスターズのドラフト指名予想


PAGE TOP