東北楽天が新入団選手発表、選手の推定年俸・背番号と活躍の予想

瀧中瞭太, 小深田大翔, 福森耀真, 津留崎大成, 武藤敦貴, 小峯新陸, 黒川史陽, 沢野聖悠, 江川侑斗, 水上桂, 山崎真彰

東北楽天はドラフト会議で指名した11選手の入団発表を行った。選手の推定年俸、背番号、プロでの活躍する姿の予想などをします。

東北楽天2019年入団選手一覧

順位 選手名 位置 出身 身長体重 投打 契約金 年俸 背番号
1 小深田大翔 大阪ガス 168/69 右左 10000 1500 0
2 黒川史陽 智弁和歌山 182/85 右左 6000 650 24
3 津留崎大成 慶応大 177/85 右右 6000 1000 52
4 武藤敦貴 都城東 178/73 左左 3000 560 71
5 福森耀真 九州産業大 178/87 右右 3500 700 49
6 瀧中瞭太 Honda鈴鹿 180/93 右右 3000 900 57
7 水上桂 明石商 172/73 右右 2500 560 78
育1 江川侑斗 大分高 177/81 右右 200 230 137
育2 小峯新陸 鹿児島城西 189/88 右左 200 230 138
育3 山崎真彰 ハワイ大 182/84 右左 300 300 140
育4 沢野聖悠 誉高 184/84 右左 200 230 141

 新人選手の横顔

ドラフト1位・小深田大翔選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆

 守備と足はプロでも1年目からしっかりとプレーできるものがあり、活躍する機会はありそうだ。打撃も評価が高いが他の2つから比べるとやや落ちるところがある。阪神の近本選手のような1年目を期待したいが、近本選手は逆方向に延びる球を打つが、そこまでのパンチ力はまだ無さそう。チーム方針としてもまずはショートやセカンドでしっかりと守る選手として期待しているだろうとみられ、守備で試合の流れを変えるようなプレーを見せ、1,2,9番などで粘っこく、そして出塁したら怖い選手となりたい。1年目に打率.255当たりをクリアできれば2年目以降に繋がってきそうだ。

ドラフト2位・黒川史陽選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆☆

左バッターで巧みな打撃を見せるところが持ち味。高校3年時は長打力を意識しすぎているような感じもしたが、1,2年で見せたシャープな打撃が特徴で、国体では木製バットで打ち、その原点に戻る打撃になっていた。打撃に関してはファームで1年目から.280くらいを期待できる。守備もセカンドという事で飛びぬけて守備や足に目立つという事はないが、打撃があれば重宝されそうなイメージ。3年目にはスタメンで出場をしていてもおかしくない。

ドラフト3位・津留崎大成選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆

リリーフで強い球を投げる投手、投げっぷりで勝負する。筋肉をつけた身体からの球威が通用すれば1年目にかなりの登板数となりそう。ただし通用しなかった時、または2年目以降に続けて活躍をするためには、特徴が必要になってくる。投球の幅を徐々に広げていくことができれば中継ぎエースとして定着もできてきそうだ。

ドラフト4位・武藤敦貴選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆

高い身体能力があり、投げても140キロを超す肩と50m6.1秒の足がある。打撃もスムーズに強く振ることができており、左の外野手としての成長を期待される。ただし、チームでは辰己、小郷、オコエ、田中など身体能力の怪物がそろっているだけに、島内選手のような打撃技術を備えていくことができるか。

ドラフト5位・福森耀真選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

154キロを記録する球を投げ、実際のピッチングでも140キロ後半のレンジの球を投げてくる。ただし制球、変化球などには課題もまだまだあり、大学では全国の舞台では実績を残せてない。リーグ戦では無双の投球を見せているだけに力はあるのだが、プロの1軍のレベルで投げるには、真っすぐの質と制球を高めることが必要となる。

ドラフト6位・瀧中瞭太選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆

140キロ後半の強い球と変化球という点では、福森投手よりも1ランク上の球を投げている。沈む球の精度も高くさすがに社会人出身の投手という感じ。ただし今年はフォームが特徴的となり昨年よりも球威などの面ではやや落ちた印象もある。プロではさらに特徴を出していくのか、それとも球威で抑えていくのか、または先発として投げるのかリリーフとして投げるのかなど、プロ野球で生きるための場所を確立したい。

ドラフト7位・水上桂選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆

明石商で2年生の中森投手などの球を受け続け、U18代表でも正捕手的な役割を果たした。キャッチングの良さが光り、肩もそこそこの良さを見せ、甲子園で打撃でも活躍を見せたが、すべての面でもう1段階、2段階の成長が必要。体があまりなく、足や肩でアピールできにくいので、チームに貢献するプレーを中心に磨いてゆきたい。

育成ドラフト1位・江川侑斗選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆

肩では水上捕手以上の物を持っており、リード面でも光るものを見せていた。しっかりとした身体がある選手で堅実なプレーをしていくタイプ。支配下になるためには打撃でのアピールが必要となる。

育成ドラフト2位・小峯新陸選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆

長身から投げ下ろす球は低めに角度のある球で、支配下で指名されたドラフト中位から下位の選手と比べてもそん色ない。ただし、投球が荒れている時に抑えが効かなくなるところがあり、高校でもエース格としての登板がまだできていなかった。とにかく球速でも変化球でも自信になる球を早く身に着け、登板を増やして経験を積んで磨きたい。

育成ドラフト3位・山崎真彰選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆

アメリカのリーグで高いアベレージを残し注目されていた選手。ミート力、パワー、走塁、守備、送球の5ツールを持った選手で、それぞれの能力をひと回り大きくしたい。どれかで首脳陣の目に留まるものを作り出したい。

育成ドラフト4位・沢野聖悠選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆

恵まれた体格と高い打撃のセンス、パワーを持つ選手で、他球団のスカウトは大学などで見たかった選手なのかもしれない。大学に進んで4年後に3位前後で指名されそうな選手だった。大きなプレーで目に留まる必要があるが、十分目立つ体の大きさがある。それを生かしたい。

東北楽天ゴールデンイーグルスのドラフト指名予想


PAGE TOP