七十七銀行・相原和友投手にオリックスが評価!来年のドラフト上位候補!

社会人野球ドラフトニュース オリックスドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 都市対抗野球は七十七銀行 vs NTT西日本の対戦が行われ、七十七銀行は186cm左腕・相原和友投手が登板すると、7回1/3を投げて7安打を許すも8三振を奪い自責点2に抑える好投を見せた。チームはNTT西日本のエース・安部建輝投手に1点に抑えられ1-2で敗れた。

 この大型左腕にオリックス・古屋英夫国内グループ長は「球速が上がってくれば来年のドラフト上位候補になる。」と高い評価をしている。

七十七銀行・相原無念…被災地に朗報届けられず - スポーツニッポン:2012/07/19

 七十七銀行の新人右腕・相原の力投は報われなかった。7回1/3を7安打2失点。「自分は三振を取る投手でない」と話したが、1点リードの4回2死一、二塁では粘る北崎に対する10球目。内角に際どいスライダーで見逃し三振を奪った。8三振のうち、見逃しが4個と多彩な変化球と腕が遅れて出る独特のフォームで翻ろうした。

 ▼オリックス・古屋英夫国内グループ長(相原について)球速が上がってくれば来年のドラフト上位候補になる。 全文はスポーツニッポンのサイトをご覧ください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント