広島ドラフト4位、智弁和歌山の小林樹斗投手に指名あいさつ、スカウト「1、2位で指名される選手」

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース

広島は、ドラフト4位で指名した智弁和歌山の小林樹斗投手に、田村スカウト課長、鞘師スカウトなどが指名あいさつをした。

スポンサーリンク

「1、2位で指名される選手。とても下で残る投手ではない」

小林樹斗投手は182cm86kgの体から、最速152キロの速球を投げる投手で、真っすぐで空振りを奪える球質は、甲子園でも絶賛されている。ドラフト会議では上位での指名も予想されたが、ドラフト4位で広島が指名をした。

これについて担当の鞘師スカウトは「想定外ですね。1、2位で指名される選手。彼とは縁がないなと思っていた。とても下で残る投手ではない。12球団の指名が間違っていたということを証明してほしい」と話し、1位、2位候補として評価をしていたものの、今年は即戦力投手を指名する方針で、小林投手は他球団に指名されると想定していたことが分かった。

広島のドラフト4位には前田智徳選手、金本知憲選手など、球界を代表する選手がいる。小林投手も「プロ入りする以上は1年目から投げたい。その気持ちは強く持っている。少しでも早く1軍で投げられるようにしたい」と話し、「しっかりその波に乗っていけるように頑張ります」と話した。

おそらくリリーフで1イニングであれば、1年目の後半には十分戦力になる投手だと思う。リリーフとして快速球を投げ、藤川球児投手のようになるのではないかと思う。

2020年ドラフト会議、12球団指名選手
2020年のドラフト会議で指名された選手一覧です。ドラフト会議は10月26日に行われ、合計123人が指名されました。
2020年度-高校生投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

当初は上位候補として注目されていた。担当の鞘師スカウトは4位指名を「想定外ですね」と語った。即戦力投手を上位で指名する戦略で、他球団で上位指名されると予想していただけに「1、2位で指名される選手。彼とは縁がないなと思っていた。とても下で残る投手ではない。12球団の指名が間違っていたということを証明してほしい」と活躍を期待した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント