東北楽天のドラフトの狙い(2018)

2018年度の12球団のドラフトの狙いを予想。今日は東北楽天編。

東北楽天

〇タイプ:育成型、投手優先型
〇監督:捕手出身、バランス型
〇決定者:長島哲郎スカウト部長
〇補強ポイント:主軸打者、捕手、リリーフ投手
〇近況:決定者である星野球団副会長が亡くなり、体制が変わるか。倉敷商の引地秀一郎投手を評価

東北楽天は2009年以降、ドラフト1位で野手を指名したのは2015年のオコエ瑠偉選手1人だけ、また2011年までは社会人、大学生の投手の1位指名もあったが思うような結果が見られなかったため、高校生投手が中心の指名となっている。

2017年は先発陣の頭数がそろった事もあり、またかねてから獲得を狙っていたチームの主軸候補として、清宮幸太郎選手、そして村上宗隆選手を続けて指名した。獲得には至らず、先発投手型の近藤弘樹投手の指名となったが、2012年からの高校生投手の1位指名の傾向からやや変化も感じさせた。下位指名は各ポジションをバランスよく指名している。

梨田監督は日本ハムの監督時代を見てもバランス型かやや投手中心というイメージで、チーム作りは投手を中心とした形だが、強い傾向はみられない感じもする。

フロントは星野副会長が亡くなり、チーム作りやフロントの中心が無くなった感じもする。これからどのような体制にしていくのか、誰が中心になっていくのかなど変化がみられるだろう。スカウティングは長島哲郎スカウト部長を中心に行い、星野氏や梨田監督と風通しよく動いていた。現場でポジションに穴があれば、同じポジションの選手をまとめて指名したりと大胆な指名をしてくる。

強化を続けてきた先発投手陣は、則本投手に岸投手が加わり、リーグでも1,2を争う先発陣ができてきた。リリーフの松井投手も経験を積み、安定感を増しているほか、昨年は菅原投手、森原投手、高梨投手もリリーフとして戦力となり、チームの快進撃を支えた。昨年はドラフト1位の近藤弘樹投手、左腕の渡辺佑樹投手と大学生を獲得し、今後も先発投手の補強は継続して続けていくだろうが、今年からは次世代の先発陣を考慮し、高校生投手が中心になっていくのではないかと思う。

打線では外国人選手が中心となっている。ただし、島内選手や茂木選手、そして銀次選手が安定感を見せ、良いつながりをしている。それでも主軸、4番を打てる和製大砲はまだ見当たらない。ファームでは内田靖人選手が18本塁打を打ち期待されるが、続く選手が欲しい。2017年は清宮選手、村上選手の高校生スラッガーを狙い、獲得できなかったもののドラフト2位で岩見雅紀選手、そして5位でスラッガー候補の田中耀飛選手を獲得した。主砲候補としてはこの二人の1年目を見て獲得を続けるか判断をする事になりそうだ。

昨年まで課題だったセンターラインは、センターに島内選手が入り、遊撃手に茂木選手、捕手も嶋選手、足立選手がいる。ただし、大学時代はサードを守った茂木選手が、プロ入り後にショートとなり、その影響からか肘を故障して手術を受けている。その点からも茂木選手を負担の軽いポジションに移したいという思いはある。外野ではオコエ瑠偉選手が1番バッタータイプから主軸タイプに変貌し、1番を打てる足のある選手として田中選手を昨年獲得した。層は厚いものの、1番バッターは固定できていないので、驚異の足がある選手を指名しても面白い。

また捕手もまだ層の厚さが足りない。下妻選手、堀内選手、石原選手といった若い捕手の台頭も期待したいが、昨年は捕手の指名が無かったので、今年は捕手は最低1名は指名するとみられる。

主軸を打てる日本人が出てくれば外国人頼りにならずに済む。そしてショートやセカンドで打てる選手を獲得し、銀次選手の後釜、そして茂木選手をサードに戻して盤石の内野陣を作っていきたい。

ドラフト候補は

高校生のショートの候補に目が行く事になる。報徳学園の小園海斗選手、天理・太田椋選手、大阪桐蔭の根尾昂選手を獲得して、高卒1年目からの起用も考えられる。また捕手では、即戦力ならば上武大の吉田高彰捕手などを指名したいが、早稲田実の野村大樹選手が捕手としても活躍でき、そしてプロ入りを志望するならば、打てる捕手として上位で指名したい。捕手については即戦力と高校生の2人を指名するくらいが必要か。

身体能力の高い外野の選手を好む楽天で、今年は大阪桐蔭の藤原恭大選手、立命館大の辰己涼介選手といった選手がいるがどうだろう。今年に関しては優先度は低いか。

投手では即戦力ならばやはり左という事になりそうで、富士大の鈴木翔天投手、八戸学院大の高橋優貴投手が地元東北の選手として挙げられる。またチームは左の技巧派が活躍している事もあり、早稲田大の小島和哉投手、上武大の寺沢星耶投手、国際武道大の伊藤将司投手なども見ているかもしれない。

また将来を期待させる高校生投手としては、明桜の山口航輝投手、浦和学院の渡邉勇太朗投手、日本文理の鈴木裕太投手、倉敷商の引地秀一郎投手、松山聖陵の土居豪人投手などを獲得できたら面白い。

東北楽天ゴールデンイーグルスのドラフト会議


PAGE TOP