西武ドラフト5位指名の188cm149キロ右腕・黒田将矢投手に「トップクラスの評価」

2021年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース

埼玉西武は、水沢スカウトが八戸市内の八戸工大一高校を訪問し、ドラフト5位で指名した黒田将矢投手に指名あいさつをした。

スポンサーリンク

高校トップクラス

黒田将矢投手は188cmの長身から最速149キロの球を投げ下ろす投球で、今夏は素晴らしい投球を見せていた。

埼玉西武は渡辺GMなど複数人で視察する姿が見られており、黒田投手を高く評価していたが、この日、指名あいさつをした担当の水沢スカウトは「全国でもトップクラスの評価をさせていただいた事を伝えさせてもらった」と話した。

そして、「まずは体作りをしてもらって、近い将来の先発ローテを目指して頑張って欲しい」と期待を寄せた。黒田投手も「1年目からライオンズの力になれるように頑張っていきたい。パ・リーグはすごい打者がそろっている。色んな打者と対戦して、様々な経験を積んでいきたい」と話した。

西武は長身右腕の渡邉勇太朗投手が、2018年に浦和学院からドラフト2位で指名され、今年、先発の一角として投げているが、そのくらいのスピード感と力があると思う。

2024年くらいに、西武の右のローテーション投手として、渡辺投手と長身コンビとして投げている姿を楽しみに待ちたい。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

黒田投手は1年秋からベンチ入り。188センチの長身から最速149キロの直球を投げ下ろす。また、フォークも武器だ。水沢英樹スカウトは「全国でも(高校生で)トップクラスの評価をさせていただいたことを伝えさせてもらった。まずは体作りをしてもらって、近い将来の先発ローテを目指して頑張って欲しい」と期待を寄せた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント