京都学園大・白濱尚貴投手が7安打8奪三振1失点完投、阪神など7球団9人のスカウト視察

白濱尚貴, 京都学園大

 京滋大学リーグの京都学園大vs成美大の試合で、プロ注目の左腕・白濱尚貴投手が先発すると、7安打8奪三振で1失点で完投勝利した。

 白濱投手は最速142km/hながら、左の横から投げられる角度のあるストレートが魅力で、大学1年時から活躍を見せていた。今年は3月に左肩を痛めて3週間投げる事ができず出遅れていたが、これで3勝目を挙げ調子を上げてきた。

 この投球には阪神など7球団9人のスカウトが視察し、阪神・池之上スカウト課長は「故障で出遅れてからのピッチングだが、よくしのいだ」と話した。貴重な左で横の角度のある投手としてプロも注目しているようだ。

 白濱投手は「球威は戻った。あとはスピードが出れば」と話し、順調に調子を上げている。京滋リーグは京都学園大が7戦全勝、佛教大が6勝1敗で追う展開となっている。次節は両者が直接対決する。

白浜に7球団  - デイリースポーツ:2013/5/9

 


PAGE TOP