龍谷大平安・高橋大樹選手、ここまで12打数7安打!阪神、北海道日本ハムが高い評価!

高橋大樹, 龍谷大平安

 18U世界選手権で龍谷大平安の高橋大樹選手が大活躍を見せている。日本での大学生とのオープン戦では不調で初戦のカナダ戦もスタメンから外れたが、2戦目の台湾戦で4打数3安打1打点を挙げると、この日も3試合連続マルチヒットを記録、通算12打数7安打1打点と驚異の5番打者となっている。

 イタリア戦では2回に木製バットで広い球場のバックスクリーン右にワンバウンドで飛び込むエンタイトル2ベースを放つなど飛距離も伸びてきており、木製バットに慣れてきている印象だ。また8回には四球で塁に出るとすかさず2盗を決めるなど、50m6.0秒の俊足も見せている。

 この活躍に視察した阪神・山本スカウトは「自分のタイミングで打てている。打力と走力は以前から評価しているし、木製バットでもしっかり振れることが分かった」とコメント、北海道日本ハム・山田GMも「木製バットでも違和感ない。体にバネがある。」とコメントしている。また、MLB・ツインズのラドクリフ・スカウトは「初めて日本チームを見たが、いい選手が多い。高橋もナイススイングだ」と評価している。

 通算43本塁打の長打力に注目されたが、最後の夏の甲子園では期待されていたホームランを打つことができなかった。しかし、打撃のセンスや木製バットの対応、そして走塁など総合力でもドラフト上位候補の評価を受ける。ドラフトでは1位2位での指名が予想される。

大谷しのぐ打率・583!高橋 計7安打、2次R進出決めた - スポーツニッポン:2012/09/04

 高校通算43本塁打の打棒は、木製バットでも健在だ。先頭打者で迎えた2回。高橋の放った打球は軽々と中堅手の頭上を越え、バックスクリーン右にワンバウンドで飛び込むエンタイトルツーベース。1死後、笹川の犠飛で先制のホームを踏んだ。「芯だったのであそこまで飛んでくれた。今は振れているし、手応えがある」3回2死一塁でも左前打。今大会通算12打数7安打とし、打率は田村、大谷らをしのぐチームトップの・583だ。

 

 今夏の甲子園は2回戦敗退。8月下旬から木製バットでの打撃練習を開始した。だが、すぐに「こんなん無理や」と壁にぶつかった。渡韓後に同じ右打者の北條(光星学院)にアドバイスを求めた。左足のステップ幅を一足分狭くし、寝かせていたバットを立て、左手親指と右手小指を絡めてグリップを握るようにするなどフォームを修正。「それでヘッドが前に出るようになりました。この大会で、凄くいい経験をしていると思います」。大舞台で結果を残し、自信を取り戻した。

 

 プロ志望の大型外野手。昨秋からマークを続ける阪神・山本宣史スカウトは「打力と走力は以前から評価しているし、木製バットでもしっかり振れることが分かった」と目を細めた。

 

 1月に右肩、右肘を手術したが、全力投球の距離も80メートルまで回復。日本球界では希少な右の大砲候補が、異国の地で株を上げている。全文はスポーツニッポンのサイトをご覧ください。

龍谷大平安・高橋2安打で通算12の7! - デイリースポーツ:2012/09/04

 「今大会は振れている。芯に当たったのであそこまで飛んだ」と会心の当たりを振り返った。日米のプロスカウトが注目する4番・大谷は不発だったが、高橋が今秋ドラフト上位候補の存在感を示した。八回には四球を選び、すかさず二盗。得点には結びつかなかったが50メートル走6秒0の足を披露した。

 

 日本での代表合宿は練習試合2戦で5打数1安打だったが、今大会12打数7安打1打点と大当たり。国際舞台に強い“大物ぶり”だ。

 中略 

 阪神・山本スカウトは「自分のタイミングで打てている。打撃と走塁は言うことなし」と評価した。米ツインズ・ラドクリフスカウトは「初めて日本チームを見たが、いい選手が多い。高橋もナイススイングだ」と注目した。
全文はデイリースポーツのサイトをご覧ください。


PAGE TOP