2013年のドラフトを振り返る(高校生編)、左腕伸びず、捕手の年に

森友哉, 吉川雄大, 中辻神司, 平田奨, 石川亮, 松井裕樹, 甲斐翼, 若月健矢, 大竹耕太郎, 内田靖人

 昨年の12月に「2013年のドラフトのゆくえ」という題で高校、大学、社会人の2013年のドラフトの注目選手などを挙げたが、それについて振り返ってみる。今日は2013年のドラフトのゆくえ(高校生編)、松井裕樹投手など左腕投手と野手に逸材揃うの記事を振り返る。

 

投手の候補

 昨年の時点は、今年は松井裕樹投手を中心とした左腕投手が揃う、とした。松井裕樹投手は5球団が指名重複し東北楽天にドラフト1位で入団した。

 他に上げたのが、済々黌・大竹耕太郎投手と智弁和歌山の吉川雄大投手だが、大竹投手は早くより早稲田大進学を決めていた。大竹投手は夏の甲子園出場を逃したものの、春季大会や熊本大会では抜群の安定感を見せた。しかし182cmの大型左腕だが球速はそれほど伸びなかった印象もある。大学ではパワーもつけてひとまわり大きくなって欲しい投手。

 吉川投手は夏の大会でも3回戦で敗退してしまい、納得のいかないシーズンとなった。進路は大学やJR西日本が候補に挙がっているようだが、2年生の夏の甲子園で見せたきれいなフォームからの質の良いストレートを磨いて、ドラフト1位でプロ入りする選手になってもらいたい。

 他にも大産大付の平田奨投手、三田松聖の中辻神司投手、宮崎日大の甲斐翼投手などもプロから注目された大型左腕投手だったが、ケガなどもありプロ入りはしなかった。唯一、砂田毅樹投手が横浜DeNAの育成1位で指名された。

 右腕では乾陽平投手が上位に入ってくると予想したが、センバツの時点でフォームを崩しており、厳しい1年となってしまった。大学ではフォームを一から作るところからとなりそうだが、次にフォームを崩してもすぐに修正できるように、焦らずに一つ一つ積み重ねて欲しい。

 

野手の候補

 昨年の記事では捕手の候補が揃うとし、大阪桐蔭・森友哉捕手(埼玉西武ドラフト1位)、花咲徳栄・若月健矢捕手(オリックスドラフト3位)などの名前を挙げた。他にも作新学院の山下勇斗選手と帝京・石川亮選手を挙げたが、石川選手は北海道日本ハムの8位で指名された。

 他にも内野手で東海大甲府・渡辺諒選手(北海道日本ハムドラフト1位)、外野手で上林誠知選手(福岡ソフトバンクドラフト4位)、園部聡選手(オリックスドラフト4位)などを挙げたが、他にPL学園の前野幹博選手、中山悠輝選手、京都翔英・榎本和輝選手、東海大相模の遠藤裕也選手、大阪桐蔭の近田拓矢、笠松悠哉、辻田大樹選手を挙げた。

 PL学園はチームの不祥事で公式戦の出場ができず、京都翔英の榎本選手は早々と大学進学を決め、大阪桐蔭の近田選手、笠松選手も力を見せたもののプロ志望はしなかった。この中で唯一、遠藤選手がプロ志望届を提出したものの、プロからの指名はなかった。

 

ドラフト1位は4人

 ドラフト会議では埼玉西武・森友哉、北海道日本ハム・渡辺諒、東北楽天・松井裕樹、中日・鈴木翔太(聖隷クリストファー)の4人が1位指名された。鈴木翔太投手は昨年の記事では書き忘れてしまったものの、ドラフト上位候補の選手として予想できたので大体予想のままとなった。

 一関学院の白鳥翔投手など、急成長をみせるかもしれないと期待した投手もいたが、目だったのは安楽智大投手や高橋光成投手など2年生の投手ばかりで、予想を覆すような選手は出てこなかった。しかしその中で、常総学院の内田靖人選手(東北楽天ドラフト2位)、高知の和田恋選手(巨人ドラフト2位)がドラフト2位で指名され、18Uワールドカップで戦った吉田雄人選手(オリックスドラフト5位、奥村展征選手(巨人ドラフト4位)もプロ入りを果たした。

 また、有田工の古川侑利投手が夏にブレークし、148km/hの力のある球を投げて、東北楽天のドラフト4位で指名された。古川侑利投手は今年のドラフト候補の中で、個人的に最も期待している投手。3年後に1軍に上がるつもりで、プロの指導者の元でどんな成長をみせるか楽しみだ。


PAGE TOP