【高校野球】石川大会:ドラフト注目度B

広橋敬大, 岩下大輝, 谷川刀麻, 山下亜文, 芳野了哉, 宮前遥, 虎谷貴哉

 高校野球石川大会の組み合わせ抽選が決まった。今年も星稜にプロ8球団が注目する岩下大輝投手がおり、注目度は俄然高いもののその他に目立った選手が多くなく、ドラフト注目度はB。

地区

 昨年夏は星稜が甲子園切符を手にしている。昨秋は大穴の津幡高校が優勝、今春は再び星稜が覇権を取り戻した。春準優勝の小松大谷に強豪の遊学館、日本航空石川、さらに昨秋準優勝の石川県工や小松工などの公立も力がある。

 星稜にプロ注目エースがいるものの、打力のあるチームも多く本命不在と言われ激戦と展開しそうだ。

 組合せでは星稜のブロックに金森監督が就任した金沢学院東、石川県工が入りやや厳しめとなっている。

 

プロ注目選手

 星稜の岩下大輝投手は180cmから145km/hを投げ、春はプロ8球団のスカウトが集結するなど注目された。ただし県大会では3安打11奪三振というピッチングは見せたものの、北信越大会では右肩痛のため登板せず、ドラフト上位が確定するような評価はない。

 もう一人野手で注目されているのが、日本航空石川の175cm・芳野了哉選手。遊撃手として広い守備範囲と俊足があり、打撃でもパワーを見せる。

 

その他の注目選手

 小松大谷の山下亜文投手は169cmと小柄な左腕だが最速145km/hを計測し、力強さが増している。ドラフトの評価としては大学などで活躍してからという印象ではあるが素質は十分。

 昨年秋に優勝して驚かせた津幡のエース・宮前遥投手は138km/hのストレートを低めに集められる投手。秋の北信越大会で右腕痛で降板してから回復を目指している。

 遊学館は1年の春に4試合で3本塁打を記録して話題となった広橋敬大選手はやや伸び悩みもあるようだが5番を任されており、チャンスに強いバッティングを見せる。

 星稜高校には2年生の谷川刀麻投手も注目されている。岩下投手が登板を回避した時に好投を見せた。また1年生の遊撃手・虎谷貴哉選手も走攻守に注目されている素質の高い選手。

 輪島高校に山口朋也投手という175cmから142km/hを投げる投手もいるようだ。


PAGE TOP