2015年ドラフト候補で楽しみな選手 ~高校生北信越編~

広橋敬大, 谷川刀麻, 平沼翔太, 篠原涼, 川上清敬, 斉藤颯, , 兼太, 高本康平, 中川広大, 宇野貴也

 ドラフト候補選手の動画とみんなの評価のページにみなさまからお寄せいただいている選手で、来年楽しみなドラフト候補を探してみます。今日は北信越地方の高校生。

名門校

 日本文理は北信越大会の準々決勝で敗れ、甲子園の連続出場はできなかったが、夏の甲子園でベスト4に勝ち上がったメンバーが残る。星 兼太選手は1年の入学時から注目され、1番ライトで活躍を続けている。センバツでは甲子園でホームランを放つなど長打力もあり、全国屈指の打者として注目される。

 また同じく夏の甲子園ベスト4の敦賀気比もエースの平沼翔太投手や1番を打った篠原 涼選手などが健在でセンバツでは大暴れをしてくれそうだ。星稜高校もエースとして登板もしていた谷川 刀麻選手がおり140km/h前後のキレの良いストレートを見せる。ただし足もバッティングも注目されている選手で、野手として大学などで成長を見たいというスカウトもいそうだ。

 遊学館では広橋 敬大選手がドラフト候補となる。1年生でデビューし全国にも名前を轟かす活躍を見せたのだが、その後、相手の攻めが厳しくなり成績を残せなくなっている。遊学館では捕手の高本 康平選手も強肩強打の捕手として注目されている。また石川県では金沢高校に中川 広大選手がおり、秋は5試合で打率6割以上、3本塁打を放っている。投手も竹田 和真投手も142km/hの速球を投げる。

 福井では毎年素晴らしい投手を複数人育てる福井工大福井が、今年も宇野 貴也投手、青山 力投手といった好投手を育てている。

 長野の松商学園はチームの不祥事で対外試合禁止のため夏は試合ができなかった。しかし秋に解禁となると一気に結果を見せ、北信越大会2位となりセンバツ出場が濃厚、山田 貴将選手といった大型選手や恩田 祐哉投手など力のある選手が多く選手層が厚い。

 

その他の候補

 中越高校には斉藤 颯選手というスラッガーがおり、1番の入澤 武弘選手など面白い選手が揃っているようだ。日本文理に対抗する1番手となりそうだ。

 長野日大には185cmの川上 清敬投手がいる。球速は130km/h台だがきれいなフォームが特徴の大型右腕で、プロのスカウトが注目をしているという。

2015年度-北信越のドラフト候補リスト


PAGE TOP