西東京にプロ注目捕手が3人、国学院久我山・了海航捕手にも注目

高校野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 今年の高校野球西東京大会は、早稲田実の加藤雅樹選手、日大三の小藤翼選手、そして国学院久我山の了海航選手、3人の捕手にプロが注目している。

3人の捕手にプロ注目

 早稲田実の加藤選手は、既に47本のホームランを放ち、清宮幸太郎選手を3番に置いて4番を打つ。捕手としてもセカンドまで1.9秒台で投げるという。日大三の小藤選手は春の都大会で3試合連続など5本塁打を記録し高校通算14本塁打、セカンドまで1.88秒を記録している。

 そしてもう一人、国学院久我山の了海選手はセカンドまで1.8秒台の肩は二人を上回るとも言われる。ホームランこそ8本も、昨年秋に東海大菅生の勝俣翔貴投手からホームランを放ち、この春に3本塁打と上昇カーブを描く。

 

中学時代からライバル

 加藤選手と了海選手は中学時代は福生シニアでチームメイト、正捕手は了海選手が務めていたものの、4番は加藤選手は打っていたという。進路でも早稲田実に進んだ加藤選手に対し、「同じ西東京で戦うつもりだった」と西東京の国学院久我山に進み、最後の夏に加藤選手にも勝って甲子園出場を目指す。

 捕手の戦いにも注目したい。

2015年度-高校生捕手のドラフト候補リスト

注目!!西東京「捕手ビッグ3」 日刊スポーツ紙面 2015/6/21

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント