東陵・高橋陽平投手が15奪三振の快投!

高校野球ドラフトニュース 2011年ドラフト

 宮城大会では4回戦で一迫商vs東陵の対戦があり、東陵のエース高橋陽平投手が4者連続を含む毎回の、また先発全員からの15三振を奪う好投を見せた。

東日本大震災で自宅も被災したものの一人でランニングを続けた。その結果ストレートが136kmまで伸びると、今大会は3試合22回を投げて無失点を続けている。抜群の安定感と三振を奪える左腕投手に今後プロも注目するだろう。

 

  •  

 

 - :

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント