清宮幸太郎選手が95号本塁打で公式戦5戦連発、ヤクルトは3人態勢で視察

高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 2017年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

早稲田実の清宮幸太郎選手が、この日もホームランを放ち高校通算95号とした。この日は東京ヤクルトが小川SD以下3人態勢で視察に訪れた。

両翼100m球場関係なく

ひたちなか市民球場は両翼100mのサイズがあり、ライトからは太平洋からの風が吹く。しかしこの日、ノーヒットで迎えた8回の第4打席、インコースの133キロの球を捉えると、打球はライト芝生席後方まで伸びていく。敷地内の木に当たり戻ってきたものの、気に当たらなければ場外弾という特大弾を放った。

第1打席はセンターフライ、第2打席は三振、第3打席はキャッチャーフライと「タイミングが合っていなかった」と作新学院の186cm右腕・篠原聖弥投手に苦戦していたが、第4打席に結果を見せた。

これで公式戦は東京大会準々決勝から5戦連発で7本塁打となった。清宮選手は「自信にもなりましたし、いい投手への対し方が出来上がって来つつある。力むと良くない。いい感じで力を抜いて打てている」と話した。

スカウトからも絶賛続く

この日は西武、阪神、東京ヤクルト、北海道日本ハムなどのスカウトが視察し、東京ヤクルトは小川SD以下3名体制で視察、小川SDは「いいものを見られました。練習試合でもあれだけ本塁打を打っている。何にしても、本塁打を打つのはすごいこと。リストがやわらかいし、構えがいいよね」と絶賛すると、斎藤スカウトも「風も関係なかったね」と話した。

他にも、

阪神・畑山俊二チーフアマスカウト:「前までは背中が丸まって内角が苦しそうだったけど、今は姿勢が真っすぐになった。量産態勢に入ったのは軸が崩れずに打てているから」

埼玉西武・鈴木球団本部長:「和製ベーブ・ルース」

北海道日本ハム・大渕スカウト部長:「お客さんを手ぶらで帰さないね」

と絶賛が相次いだ。

早稲田実はこの試合に4-8で敗れたものの、清宮選手は高校生の有力投手、花咲徳栄・綱脇慧投手や清水達也投手、この日の篠原投手などと対戦しても結果を残した。センバツで結果が出せずに不満だったと思うが、今大会で自信は深まったと思う。

これからまた各地の招待試合や練習試合でホームランも伸ばしていくだろう。そして、高校最後の夏を迎える。

2017年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

2017年度-特Aランクのドラフト候補リスト

清宮自身は関東大会で全国レベルの相手から2発。「いい投手との対し方が、自分の中で出来上がりつつある。さらにレベルアップして夏を迎えられれば」。

都大会準々決勝(駒大高戦)から公式戦5戦連発計7本で春を終えた。「ちょっとびっくり。いい投手に対しても、自分の中で(感覚が)できあがりつつある。思い出してきたかな。力を抜いてできている」と自信を深めた。観衆3200人にプロ5球団のスカウトも交じって視察。西武・鈴木球団本部長は「和製ベーブ・ルース」とたたえた。

スカウト陣も賛辞を送るしかない。阪神・畑山チーフスカウトが「背筋が伸びて、内角がさばけるようになった。成長しているよ」と認めれば、西武・鈴木球団本部長は「怪童、和製ベーブルースだな」と舌を巻いた。

この日は西武、阪神などのスカウト陣が訪れ、D1位候補に挙げているヤクルトは3人態勢で観戦。今春のセンバツ以来の視察となった小川SDは「いいものを見られました。練習試合でもあれだけ本塁打を打っている。何にしても、本塁打を打つのはすごいこと。リストがやわらかいし、構えがいいよね」と絶賛。日本ハム・大渕スカウト部長も「お客さんを手ぶらで帰さないね」と感心した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント