2018年ドラフト候補、高校生東海編

成瀬和人, 前川怜, 田中法彦, 修行恵大, 扇谷莉, 村松開人, 沢井廉, 夏目大, 横田龍也, 横辻海

2018年のドラフト候補を紹介してゆきます。今日は東海の高校生選手。

2017年は

U18メンバーにも選ばれた中京大中京の伊藤康祐選手が中日のドラフト5位で、150キロを超す速球で注目された菰野の岡林飛翔投手が広島の育成1位で指名された。また静岡からは、飛龍の比屋根彰人選手がオリックスの育成ドラフト3位、御殿場西の須デソウザ・フェリペ選手がオリックスの育成4位、小笠の佐々木健投手が広島の育成3位でそれぞれ指名された。

ドラフト上位で指名される選手は出てこなかった。

注目選手

大垣日大の修行恵大投手は球速こそまだ141キロだが、甲子園で見せた183cmからのバランスの良いフォームから投げる角度あるストレートは非常に魅力的だった。まだ線が細かったが体重を10kgくらい増やした時にどんな投球をするのか非常に楽しみ。

静岡高の成瀬和人選手は、1年生から4番を任されるなどセンスがあり、今年のセンバツでも大阪桐蔭戦で3安打3打点と、広角に強い打球を打った。技術のある選手でブレークしてほしい。

東邦の扇谷莉投手の課題があるが魅力がある。188cmの右腕は146キロの速球を投げる。コントロールを乱すピッチングもあり、まだ失点も伴ってしまう。秋の東海大会は準決勝の三重戦で先発したものの3回1/3で6安打5四死球で5失点、決勝の静岡戦もリリーフで登板し4回3安打3四死球で1失点した。準々決勝での常葉菊川戦ではリリーフで4回1/3を投げて1安打5奪三振2四死球で無失点とこういう投球も見せるので楽しみ。センバツ出場は濃厚で注目投手の一人となる。

その他の選手

静岡高では1番バッターの村松開人選手が秋季東海大会で14打数9安打、50m5.8秒の足もありトップバッターとして注目される。掛川西の川合勇気投手は142キロの速球を投げ打撃でも注目、福田恭平選手も俊足と強い打球を見せ、増田雄介捕手はセカンドまで1.9秒台の強肩で盗塁を阻止する。

中京大中京の沢井廉選手は178cmの左のスラッガーで、高い打率と共に通算24本塁打以上の長打力を見せる。常葉橘の夏目大捕手は180cm86kgの大型捕手で強肩と打撃が注目されている。

大垣日大では杉本幸基投手も181cmから143キロの速球を投げ、修行投手とエースの座を争える実力がある。常葉菊川の漢人友也投手も177cmから143キロの速球を投げ、勢いのある球を投げる。湖西高の水野喬日投手は142キロの速球を投げる。

菰野高校には今年も速球派投手がいる。田中法彦投手は173cmだが球速は150キロを記録している。豊田工の横田龍也投手は185cm84kgの大型左腕で、142キロの速球を投げプロが注目している。鈴鹿高校の前川怜投手も187cmから141キロを投げる右腕、紀南高の横辻海投手も180cm81kgの身体があり138キロの速球に長打力も見せる。

2018年度-高校生-東海のドラフト候補リスト


PAGE TOP