旭川大高の146キロ右腕・沼田翔平投手に日本ハム、巨人など9球団が注目

沼田翔平, 旭川大高

旭川大高校で昨年秋に145キロを記録していた沼田翔平投手が登板し、プロ9球団のスカウトが注目、自己最速となる146キロを記録し、絶賛されている。

2回ノーヒット3奪三振

沼田翔平投手は175cmの右腕で、昨年秋に145キロを投げて旭川地区の速球派と注目されていた。この日は旭川地区予選の旭川商戦での登板に、プロ9球団のスカウトが集まるなど、高い注目度を見せている。

この日は先発はせず8回から登板し、自己最速を更新する146キロを記録、2回をノーヒット3奪三振と完璧な投球を見せた。140キロを超す速球をインコースに投げ、決め球のキレのよいスライダーで仕留めた。「久しぶりの公式戦で少し緊張した。後半からは良くなった」と話し、この春の初登板を圧巻のピッチングで披露した。

北海道の高校生でNO.1

この日は雨が降りしきり、マウンドのぬかるんでいた。コンディションのよくない中でも146キロの速球を投げ、変化球もコントロールした。視察した巨人の柏田スカウトは、「足場が悪く指も滑る。悪天候にも動じない相当なレベル」と評価した。

また北海道日本ハムの白井スカウトは「スター性は大事。良い顔だし、北海道の高校生でナンバーワン」と絶賛をしている。

「甲子園しか頭にない。行けるレベルになりたい」と話す沼田投手、甲子園で146キロの球を見せる事になれば、ドラフト会議でも注目の投手に入ってくるかもしれない。

2018年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2018年度-高校生-北海道のドラフト候補リスト

巨人・柏田スカウトが「足場が悪く指も滑る。悪天候にも動じない相当なレベル」と言えば、日本ハム・白井スカウトも「スター性は大事。良い顔だし、北海道の高校生でナンバーワン」と絶賛した。


PAGE TOP