東海大相模、森下翔太選手がバックスクリーン横弾、1年生4番・西川僚祐選手は2試合タイムリー

東海大相模, 森下翔太, 西川僚祐, 吉田元登

大阪桐蔭と対戦した東海大相模は、1戦目は3-5で敗れたが、2戦目は8-3で勝利した。吉田元登選手が2試合連続ホームランを放ち、また、森下翔太選手が特大のホームラン、そして1年生の4番・西川僚祐選手が結果を残した。

森下選手がホームラン

この日の1戦目は、大阪桐蔭のエース・柿木蓮投手に13三振を奪われ、3-5で敗れた。しかし、180cmスラッガーで好調な吉田元登選手選手がホームランを放っている。

そして2試合目、再び吉田選手のホームランが飛び出し6-2とリードした7回に2番に入っている森下翔太選手がダメ押しとなるホームランを、バックスクリーン左に叩き込んだ。森下選手らしい特大のホームランだった。

期待の1年生

また東海大相模は1年生が4番を打った。西川僚祐選手は佐倉シニア出身で、昨年のジャイアンツカップでは東京ドームでホームランを放ち、プロの関係者も驚愕する当たりを見せていた。

その西川選手は第1試合で6回、1,3塁の場面で柿木投手からレフト前にタイムリーヒットを打つと、2試合目は5回2アウト2塁の場面で、横川凱投手からセンター前にタイムリーヒットを打った。プロ注目の投手たちから、2試合で8打数3安打2打点、3三振という内容だった。

門馬監督は「思い切りがあるし、打席の中での雰囲気もある」と話し、この夏は1年生に4番を託す。

東海大相模高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2020年度-高校生のドラフト候補リスト

昨夏に佐倉リトルシニアの主将としてジャイアンツカップで優勝した大砲は、1試合目の6回1死一、三塁で、大阪桐蔭の柿木蓮(3年)から左前適時打を放った。2試合目は5回2死二塁で、横川凱(3年)から中前タイムリーをマークした。プロ注目の柿木、横川らと対戦し、2試合で計8打数3安打2打点で3三振だった。

この日はプロ注目の森下翔太外野手(3年)がバックスクリーン左横へ特大の2ランを放ち、吉田元登内野手(3年)に2試合連発が飛び出すなど、センバツ王者相手に打力も見せた。


PAGE TOP