龍谷大平安・奥村真大選手が進路について「プロ1本」表明

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

この日から学校が再開された龍谷大平安で、野球部の活動も再開し、原田監督が部員と久々の再開をした。プロ注目の内野手・奥村真大選手は、「今はプロになる事しか考えていない」と話し、プロ志望を表明した。

スポンサーリンク

プロ志望を表明

5月20日に甲子園大会の中止が発表された。奥村選手は「次の日には練習もできないぐらい家で落ち込んでいるところはあった」というが、家族から「次に向けてやらないと、やっている人はやっている」と励まされ、「ここからは自分との戦い。切り替えた者が成長していける」と、練習を重ねるにつれて気持ちが次へと向かった。

そして、「今はプロになることしか考えていない。まだそういうレベルではないので、ここからの練習や試合でアピールして、プロ野球選手になれるように」と、プロに向けて進んでいることを明らかにした。

奥村選手は、東京ヤクルト・奥村展征選手の弟で野球で有名な一家、1年時から180cmの遊撃手としてプレーし動きの良さを見せていたが、今年、もう一押しアピールが必要と見られていた。

京都ではこの日、夏の大会に代わる独自大会を7月に開催することを決定した。プロ志望表明によってプロのスカウトの注目を集め、その中でこの大会で昨年から成長した姿を見せられれば、一気に評価が上がる可能性も秘める選手だろう。

2020年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年度-高校生-京都府のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

今後は京都府でも代替大会が開催される方向だが、その上で自身の進路について問われると「自分はプロ野球選手になることしか考えていないので。まだそのレベルには達していないですけど、ここからの練習でアピールして、プロ野球選手になれるように」ときっぱり。兄・展征はヤクルトに所属。尊敬する兄と同じ舞台を目指していく。

龍谷大平安・奥村「プロになる」兄ヤクルト展征激励 - 高校野球 : 日刊スポーツ
プロ注目の龍谷大平安・奥村真大(まさひろ)内野手(3年)が1日、今後の進路について「プロ1本」と高卒からプロ入りを目指す考えを明かした。この日から学校が再開さ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
京都龍谷大平安・奥村真大 改めてプロ志望「切り替えた者が成長していける」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 プロ注目の京都龍谷大平安・奥村真大(まさひろ)内野手(3年)が改めて強いプロ志望を明かした。ヤクルトに所属する兄・展征から電話をもらったことを明かし「ここからは自分との戦い。切り替えた者が成長していける。プロ野球選手になることしか考えていない」と話した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント