大分県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

大分県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

スポンサーリンク

注目選手

大分商の川瀬堅斗投手は、最速147キロの速球を投げるが、昨夏の時点で宮城大弥投手くらいの投手と比較してもそん色ないと評価していた。力のある速球と抜群のキレを見せるスライダー、さらに球種も広がっており、夏は150キロを記録すれば1位確実と呼ばれるようになるかもしれない。

明豊の若杉晟汰投手は、172cm71kgと体は大きくないが、140キロ台前半のストレートはバッターのインコースを切り裂いていく。高めにもおもわずバットが出てしまう所に、これまた抜群のキレ味を見せるスライダーで、どちらでも三振を奪える。

また投手では大分東明の山下健太朗投手が、180cm83kgの体から143キロを記録し、川瀬投手と比較される。

その他の選手

明豊に選手が集まっている。右のエース・狭間大暉投手も、178cmから最速142キロを記録するが、回転の良い球が持ち味で、合わせられると飛んでいく事もある。球速帯がもう1段階上にいくと、手が出なくなる球になるかもしれない。リードする居谷匠真捕手も遠投110mの強肩で打率も5割を越し打点も稼ぐ。

その打撃で中心を担うのは布施心海選手で、171cmと小柄だが高校通算23本塁打のパンチ力に、スピードあるプレーも魅力。中村洸斗選手は高校通算13本の強打のリードオフマンでハイアベレージヒッター。遊撃手の宮川雄基選手も高い打率を残し、盗塁の精度も確実、外野手の小川聖太選手の強肩強打と、ナイン全てが注目選手といって良い。

対するのは大分商で、川瀬投手とバッテリーを組む末田龍祐選手は、投げても135キロの強肩で九州NO.1の肩とも呼ばれる。そのほかに、50m5.7秒の俊足と、遠投110mの強肩の渡辺温人選手、外野手では俊足と高い打率を残す井田航太選手、遊撃手でも50m6.0秒の足と遠投105mの強肩・岩崎竜也選手などもおり、ナイン全体で明豊に対抗できる。

大分高校も左の飯倉優侃投手は、球速を130キロ中盤に伸ばしており、5割近い打率を残す田中颯悟選手も活躍を見せる。もともと投手として180cmから130キロ中盤の球を投げている荻本大輔選手も、1番バッターで高い打率を残している。

他に投手では、日本文理大付の木下真吾投手はキレの良い球を投げる左腕、右の津波実成投手もサイドハンドかから130キロ中盤の球を投げてくる。大分舞鶴も右の木村駿太朗投手は183cm88kgの体から130キロ中盤の速球投げるが、球質の良い球を投げ、左の新名凌馬投手は167cmの左腕だが、こちらはやや荒々しい投球を見せる。

大分国際情報の沼田光平投手は、思い切り腕を振って130キロ中盤の速球を投げる。大分工の田中健聖投手は左の変則フォームで、どこから球が出てくるか見えにくい。また同じく大分工の日高翔太投手は168cmながら143キロを記録するという。夏は2大会連続で甲子園に出ている藤蔭は、今年もコントロール抜群の下川典也投手がおり、強豪を捻るかもしれない。柳ヶ浦は吉田晃大投手が制球を生かした投球を見せる。

大分雄城台の工藤海翔選手は、1年時からチームの5番を打ち、痛烈なライトスタンドへのホームランでデビューするなど、県屈指の強打者と注目されている。大分東明の増田奨選手は、山下投手に引けを取らない180cm80kgの捕手で、ミートを心掛ける打撃でも打球は外野の頭を越えていく。

日本文理大付の比嘉蓮選手もショートの守備に定評があり、打撃でも強い当たりを見せる選手。津久見高校の岡部優四朗選手も強打とスピードを持った選手で、古豪にいる岡部選手を強豪私学が警戒する。佐伯鶴城の瀧倖之介選手も外野手としてスピードと強打を併せ持つ。

2年生も明豊と大分商に選手が集まり、明豊は187cmから130キロ中盤の球を投げる京本真投手、181cm83kg大型右腕だがサイドハンドから力のある球を投げる財原光優投手、巨人にドラフト2位で指名された太田龍投手の弟で、175cmの左腕とタイプが違うが素質に注目される太田虎次朗投手がいる。

大分商は回転の良い球を投げる右腕の岩尾翔太投手、そして180cm88kgですでに外野の一角を担う三代祥貴選手も、打撃と共に投手としても期待をされている。

2020年度以降-高校生-大分県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント