青森県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

青森県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

スポンサーリンク

注目選手

青森山田高校の小牟田龍宝投手は、177cm76kgの体から最速150キロの速球を投げる。2年春には質の良い球を投げるものの、八戸学院光星には9回5失点をしていた。その後、故障などもあり外野手としてホームランを打つなど活躍をしていたが、3年にかけて球速をさらに伸ばした。

その他の選手

青森山田は、エース格としては安定感のある投球をする高橋主樹投手がおり、こちらも130キロ中盤を記録する。打撃では川原田純平選手が巧みな打撃でチームをけん引し、故障をしていたが172cm100kgから県屈指の長打力を持つ平野時矢選手も、迫力の打球を打つ。また、内野手としてプレーをする山村快大選手も185cm95kgの体があり、リリーフとして145キロを記録するなど、技術を持つ選手、パワーを持つ選手がそろう。

八戸学院光星は昨年までの武岡龍世選手や近藤遼一選手、山田怜卓投手が抜けた穴が大きく、結果を残せていなかったが、新型コロナウイルスの影響による活動休止後に行った八戸学院大との練習試合で、田中恵亮選手が、プロ注目の150キロ右腕・大道温貴投手や中道佑哉投手からホームランを放ち、あっと言わせた。また、森木光汰朗選手も143キロまで球速を増し、八戸工大一との練習試合で9回2安打8奪三振完封の圧巻投球を見せた。180cm90kgのパワーある大橋匠吾選手も期待する。

青森高校の疊指善宣選手は、投手としては143キロの速球を投げ、打者としてば1番バッターとして鋭い打撃と足を見せる。2番バッターの鈴木駿平選手も長打力と対応力を持った選手、成田豊投手は、左のエースとして力のある球をどんどん投げ込む。

弘前東は左腕の成田紘輔投手が抜群のキレのある球を投げ、右の山口直人投手は制球力で抑える力があり、180cm80kgの藤田青空捕手がしっかりとリードする。打線でも1番・木村年貴選手と2番・蛯名温人のコンビは青森屈指と注目される。

青森北の佐藤涼投手は177cmの右腕で、まだ線は細いものの130キロ後半の速球を投げる。中学時代に全国を経験している。東奥学園の小野魁斗投手は、左から回転の良い伸びる球を投げる。弘前実の菖蒲川颯篤投手も昨秋に弘前東を1安打に抑えた好投手。八戸工大一の赤石京大投手も、強気にどんどん真っすぐを投げてくる。

八戸工大一の杉山創太郎選手は、大きなフライを打ち上げて本塁打にするアーチストで、青森山田の平野選手と共に注目される。宮古優希選手はショートとリードオフマンとしてチームを支える。

東奥義塾は多彩な2年生の投手陣がいるが、それをリードするのが原田拓茂選手で、昨年秋の東北大会で2ランホームランを放つなど打撃でも注目される。青森商の塩谷優斗選手は168cmと小柄だが、目いっぱいのスイングするリードオフマンで、チームを盛り上げる。

2年生では侍ジャパンU15代表を経験した青森山田の藤森粋七丞投手が、すでに142キロを記録しており、来年のドラフト上位候補としても期待される。弘前学院聖愛の佐藤海投手は、189cmから130キロ後半の速球を投げる投手で、ポテンシャルで青森NO.1を狙う。五所川原高の藤森創立捕手も、リードと打撃で期待される。

1年生でも八戸学院光星の洗平歩人投手が、佐倉リトルシニアで全国制覇をした経験があり、すでに138キロの速球を投げ込んでいる。また、酒井悠利投手も質の良い変化球を投げ分ける。

2020年度以降-高校生-青森県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント