浜松工の141キロ右腕・杉田蒼希投手は1回持たず降板、「大学で鍛えたい」

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

浜松工の141キロ右腕・杉田蒼希投手はこの日、磐田東の二俣翔一選手との好勝負が期待されていたが、初回に3失点し、2アウトしか奪えずに降板、高校野球を終えた。

スポンサーリンク

133キロ止まり

球のキレがなかった。昨年はキレのある球を自信をもって投げ込み、シュートで相手バッターのインコースをえぐっていたが、この日はストレートは高めに浮き、変化球でカウントを取りに行ったところを狙われ、2/3回で3失点しマウンドを降りた。

今年は最速も141キロまで伸ばし、活動自粛中もフォームの改良を行ってきたという。しかし、7月2日の浜松商との練習試合でも2回1/3で3失点しKOされるなど、不振がの状態だったという。この日までに調整をし、ブルペンでは「調子は良かった」と話したものの、「二俣選手を少し意識して力んでしまった。試合を壊してしまい申し訳ない」と話し、不本意な高校野球最後のマウンドとなった。球速も133キロ止まりだった。

杉田投手は既に大学進学することを明らかにしており、「最終的にはプロ入りが目標ですが、まだ実力がないので、大学で鍛えたい。」と話し、「自分の弱さがでてしまった。もっと気持ちの強い投手になりたい」と大学で鍛えてプロ入りを目指すことを誓った。

2020年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
静岡県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度A
静岡県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

最速141キロの速球に磨きを掛けるべく、活動自粛期間中は投球フォームを見直すなど順調な調整を続けてきた。一方で今月2日浜松商との高校野球定期戦では2回1/3で3失点KOされるなど不振を極めていた。修正を期したこの日も不完全燃焼に終わり、降板後はベンチから声援をおくり続けたが思いは届かなかった。

「ブルペンでは調子が良かったのですが、マウンド上で力みが出て、球が指にひっかかった。1回もたず、情けなかった」と肩を落とした。その後は、仲間を信じてベンチから声を出し続けたが、思いは届かなかった。「結果は3点差だったので、初回の失点がなければ…」と悔やんだ。卒業後は進学を希望。「最終的にはプロ入りが目標ですが、まだ実力がないので、大学で鍛えたい」と話した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント