センバツに出場できなかった注目選手

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

センバツ出場校に吉報が届き、注目選手が取り上げられる中で、センバツに出場したら大会注目の選手になっていたであろう選手を挙げてみます。

スポンサーリンク

北海道

旭川実の田中楓基投手は、最速147キロの速球を投げ、その球に迫力を感じさせるものがある。惜しくも北海道大会決勝で北海に敗れたものの木村大成投手との投げ合いは素晴らしく、田中投手の方に将来性を感じたスカウトも少なくないだろう。ここ数年を見ても北海道で突出した逸材だと思う。

2021年度-北海道のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

東北

東北大会4強の花巻東は、地域性で選ばれる可能性もあったが、秋の成績順に出場校が決まった。147キロの速球を投げる菱川一輝投手は強打の仙台育英を9回7安打5奪三振1失点に抑え、その内容は全国クラスだった。

日大山形の浅利瑠良選手はメジャーリーガーのようなフルスイングでパワフルな打撃を見せる。滝口琉偉選手は、昨秋は6番ライトで出場するも、投手としても146キロを記録しており、出場して登板をしたらスカウトを驚かせたかもしれない。

2021年度-東北のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

関東・東京

関東8強の木更津総合は、島田舜也投手が184cmの独特なフォームから、最速144キロの速球を投げた。準優勝した常総学院に破れており出場の可能性もあったが、島田投手が5回まで無失点も終盤に5失点して交代し、後続が9回に4失点して1-9と点差が開いた事が致命傷となったか。

日大三の宇山翼投手は176cmの左腕でコーナーにしっかりと投げ分けるピッチングが持ち味だった。二松学舎大付の秋山正雲投手は170cmの左腕で143キロの球速を記録している。関東第一の市川祐投手も昨年はフォームをやや崩している印象だが、指の切りが良い投手で投球が楽しみだった。東京8強の八王子・羽田慎之介投手は、191cmから147キロの速球を投げる左腕で、昨秋は非常に注目された。

2021年度-関東のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

東海

岐阜第一の阪口楽選手は、この世代のNO.1スラッガーだろう。シャープなスイングで軽く振り抜いても打球はぐんぐん伸びる。投手としても140キロを記録する肩があり、プロでも外野手としてスター選手になりそうだ。夏には大舞台でみたい選手。

三重の品川侑生選手はショートとして中学時代から注目されており、フットワークの良さと強肩にプロも注目している。

2021年度-東海のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

北信越

星稜は中田達也選手、谷端将伍選手などの並ぶ強打線は全国でも屈指で、甲子園でもその破壊力を見せたかもしれない。新潟明訓の飯浜友翔投手は141キロの速球を投げ、三振を奪うピッチングを見せる。

日本航空石川の新2年生・大久保真夢投手は144キロの速球を投げ、今年からエースとして登板する事になりそうで、夏にその姿を見られそうだ。

2021年度-北信越のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

近畿

智弁和歌山の徳丸天晴選手は世代を代表する右のスラッガーで、センバツに出場すれば甲子園で何発打つのかに注目が集まったかもしれない。エースの中西聖輝投手も150キロ到達をしてくるであろう体の力がある。

2021年度-近畿のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

中国

米子東の船木佑選手は、中国大会でホームランを放ち、投げても力のある球を投げ込む二刀流。スタミナも十分の選手だった。

岡山学芸館の仲村竜投手は184cmから145キロの速球を投げ、マウンドで仁王立ちするようなエースとしての風格を見せる。秋季大会では早期に攻略されて姿を消したが、夏は俄然注目を集めそうだ。

2021年度-中国のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

四国

小松の1番セカンド・福島未来翔選手がリードオフマンとして出塁をし、思い切りの良い打撃で長打も見せる。古本裕大投手も130キロ後半を記録する投手だった。

英明の石河大空投手は最速143キロの速球を投げる本格派、打撃もよくホームランを放つなど体のパワーとセンスがある。

高知高の森木大智投手は151キロの速球を投げ、ドラフト1位指名が確実視される。高松商の前に8回11安打7奪三振5失点で敗れ、残る甲子園出場のチャンスは1回となった。

2021年度-四国のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

九州

九州国際大付は145キロの速球を投げる182cmの本格はエース・山本大揮投手と、リリーフで登板し152キロを記録した188cmの柳川大晟投手がおり、昨秋は非常に注目された。

延岡学園は186cm左腕の須藤綺梨投手が緩い変化球を使うピッチングを見せていた。体のパワーを増やしての投球を期待したい。

2021年度-九州のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【決定】センバツ出場校と注目選手一覧(2021)
2021年3月19日開幕のセンバツ高校野球大会に出場する32校がに発表された。出場高校と注目選手を紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント