2021センバツ出場、東海大相模の注目選手

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は東海大相模高校。

東海大相模の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度A:大塚瑠晏遊撃手

ショートでのフットワークを使った守備からのスローイングは一見の価値あり。1番バッターとして50m6.0秒の足もあり、スイングが大きく昨秋は練習試合も含めて10本塁打を打っている。打撃が開花すれば高校即プロの可能性も。

注目度B:柴田疾内野手

180cm86kgの内野手。昨年秋は2試合連続弾など公式戦4本塁打を放つ。パワーがあるだけでなく守備や走りでもしなやかな所があり、打率.471と確実性が高い。

注目度B:石田隼都投手

183cmの長身左腕投手。ハイテンポの投球でどんどん投げ込み、真っ直ぐ、変化球を織り交ぜて打ち取るスタイル。どっしりと投げて140キロ中盤を投げるくらいになれば楽しみ。

注目度C:大森幹大投手

140キロの速球に力があり、秋は3試合8回で10奪三振を奪っている。制球が課題。

注目度C:金城龍輝投手

父や元プロの金城龍彦氏。143キロの速球を投げる右腕で秋は7回1/3を投げて7安打8奪三振3失点。

注目度C:小島大河内野手・捕手

昨秋はセカンドを守り安定したプレーを見せた他、33打数14安打と打撃も良かった。本来は捕手でセンバツではマスクをかぶるかもしれない。

注目度C:門馬功一塁手

身体能力で特出したものは無いが、打撃でも足でもしっかりと結果を残すセンスの高さがある。

注目度C:南琉人投手・2年

182cmの左腕投手で137キロの速球を投げ、期待をされている。

注目度C:庄田聡史投手・2年

172cmと小柄だが140キロのストレートを投げる。

注目度C:武井京太郎投手・2年

180cmの左腕投手で冬に成長を見せているという。ベンチ入りしたら見てみたい投手。

注目度C:求航太郎投手・2年

180cmの右腕投手でこの冬に成長を見せている投手。

注目度C:綛田小瑛外野手

50m6.1秒の足があり、練習試合などで盗塁を決めている。スピード感あるプレーを見たい。

注目度C:加藤勇哉外野手

183cmの大型外野手で、2年秋までに高校通算13本塁打を放つ。スラッガータイプの少ないチームで貴重な存在。

注目度C:佐藤優真捕手・外野手

50m6.1秒の足と遠投110mの肩があり、本来は捕手も昨秋は外野を守った。

注目度C:仙庭涼一郎外野手

50m6.1秒の足がある選手。

注目度C:谷口翔生捕手・2年

昨秋は1年生ながらマスクを被り、石田投手のハイテンポに合わせてリズムを作った。

注目度C:平岡大和捕手・2年

1年秋から冬に急成長を見せている捕手。

注目度C:松山拓馬内野手・2年

遠投100mの強肩で野球センスが高く、内野の他、外野でも好プレーを見せる。

チーム

エース石田投手は独特な投球スタイルで崩れにくい。昨夏も強打の大阪桐蔭相手に好投を見せるなど実績も十分。球数制限などがある時に、金城投手などがカバーできるかどうか。

打線は1番大塚選手が出塁できれば繋がりが生まれる。4番・柴田選手は頼れる選手。猛打という感じではないが着々と得点を積み重ねていく。守備はショートの大塚選手が非常によく、他のポジションも高校トップクラスの動きを見せる。秋から大きくポジションチェンジをする可能性があり、それによる影響が出るか。

投手は投手は2点くらいに抑え、打線が7点前後を奪うことができる。守備で乱れることがなく行けば、まとまったチームなので上を目指せそうだ。

東海大相模高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント