2021センバツ出場、具志川商の注目選手

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は具志川商高校。

具志川商の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度B:新川俊介投手

180cmの右腕で最速144キロを記録する。スライダーとスプリットもキレがある。大会屈指の投手に入って来るかもしれない。

注目度B:伊波勢加投手兼外野手

135キロの球をコーナーに投げられる投手。九州大会は肩を痛めて外野手で出場し、1本塁打のパンチ力に50m6.1秒の足も見せた。

注目度B:粟国陸斗遊撃手兼投手

投手として138キロの球を投げる強肩遊撃手。ショートで安定した守備を見せ、昨秋は4盗塁と足も使った。

注目度C:上原守凛外野手

162cmと小柄な選手だが、昨秋は打率.379、7四死球などで出塁しチャンスを作る。

注目度C:島袋大地二塁手

2番バッターとして昨秋の九州大会では2試合連続マルチヒット。二塁手としても粟国選手と良いコンビネーションを見せる。

注目度C:大城勢武太中堅手

名前は「せんた」と読み、センターを守る。九州大会でチャンスに強い打撃を見せ、外野の要として守備でも貢献した。

チーム

投手は層が厚い。144キロを記録するエース・新川投手、138キロの粟国投手、135キロの伊波投手がおり、誰が投げてきてもおかしくない。他にもアンダーハンドの山田投手などタイプの異なった控え投手もいる。

攻撃は本塁打は少なく、足を使った形で攻略にかかる。1番・上原選手が出塁し、2番・島袋選手も好投手を攻略できる。3番・大城選手、4番・狩俣選手、5番・新川選手の主軸がしっかりと打点を挙げられるかがポイント。守備は島袋・粟国の二遊間とセンターの大城選手が動きが良い。

打線が着々と4点を奪い、3点までに抑えられるか。投手の踏ん張りがカギとなりそうだ。

https://player.draft-kaigi.jp/TeamTop.php?TeamId=3630
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント