九州国際大付・山本大揮投手が1失点完投勝利、九州大会決勝進出

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

春季高校野球九州大会では、九州国際大付の145キロ右腕・山本大揮投手が準決勝・興南戦で6安打1失点で完投し、2−1で勝利して決勝進出を果たした。

スポンサーリンク

2試合連続完投、18回1失点

前の試合に逆転サヨナラ勝利で勢いに乗る興南打線だったが、九州国際大付の山本大揮投手が巧みに打ち取っていく。最速は144キロを記録しカットボールを駆使し序盤は打たせて取る投球を見せた。「みんなが守ってくれるので、頼って投げました」と話した。

4回に連打を許して1失点をする。しかし5回からは「ギアを上げた」とカットボールとストレートに力を入れ、5回以降は散発の3安打に抑え込んだ。9回6安打8奪三振1失点で完投勝利を上げた。

山本投手は安定している。今大会初戦の大分舞鶴戦で9回を投げて完封勝利を挙げており、これで2試合2完投18回を投げて1失点となった。前日の準々決勝で188cm右腕の柳川大晟投手が宮崎商を8回無失点に抑えているが、「めちゃくちゃいい刺激を受けた。柳川が今日につないでくれたので、期待に応えようと思って投げた」と話した。

この日は阪神の前田スカウトが視察をしたが、「大崩れしないし、ピッチングがうまい。球速も上がってきている」と評価し、柳川投手とともにプロが注目している。

決勝は具志川商との対戦となる。柳川投手の先発が予想される。

九州国際大付属高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

柳川とともに、プロ注目投手だ。複数球団が視察。阪神の前田忠節スカウトは「大崩れしないし、ピッチングがうまい。(昨年の秋より)球速も上がってきている」と評した。

この日は最速144キロの直球やカットボール、スライダーに加え、初戦で封印していたカーブも交えて相手の強打を翻弄(ほんろう)。決勝へ向け「あと1勝。全力で挑みたい」と気合十分だった。

山本2戦連続完投 西日本スポーツ紙面 2021/4/29

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント