明桜の153キロ右腕・風間球打投手が今年初の公式戦で151キロ、広島スカウト「全国でもトップクラス」

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース

春季秋田大会の地区予選が開幕し、ノースアジア大明桜の153キロ右腕・風間球打投手が登板すると、今年初戦で150キロ台を連発した。

スポンサーリンク

昨年より違った姿を

この日は秋田西との対戦となったが、先発した風間球打投手は2回、1アウト後の5番バッターに対して151キロを記録しセカンドゴロに打ち取る。その後も150キロを3度記録した。「去年より成長した姿を見せたいと思って投げた。去年は全力で投げていた球も8割の力で投げられるようになった」と、8割の力でこの投球となった。

また、今年までに習得したカーブとチェンジアップも見せ、5回1安打8奪三振無失点、「気温が低くて寒かったけど、初回から飛ばしていこうと気持ちは温かくして投げた」と話した。

この日は広島のスカウト陣が視察し、田村スカウト部課長は、「ストレートは森下投手のような角度と質」とチームの若きエース・森下投手と比較すると、広島・近藤スカウトも「甲子園の投手たちに引けを取らない全国でもトップクラスの投手」と絶賛した。

5月1日には高知・森木投手が154キロを記録した。「真っすぐは自分も負けていないと思う。森木投手や天理・達投手、市和歌山・小園投手と甲子園で対決したい」と話し、ドラフト候補として注目される選手たちの名前を挙げ、「自分がチームを引っ張って絶対に甲子園に行くんだ」と夏の甲子園出場への意気込みを見せた。

今年の高校生投手は森木大智投手、市和歌山の小園健太投手、中京大中京の畔柳亨丞投手、天理の達孝太投手、そしてこの風間投手と合わせてBIG5が注目され、ドラフト戦線でも筆頭候補として注目される存在となる。

2021年度-高校生投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生-秋田県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

視察した広島田村スカウト課長は「ストレートの球威、球の質は全国でも間違いなくトップクラス。タイプ的にはうちの森下に似ている」と評価し

最大の武器は角度のある直球。高卒プロ入りを目標とする風間は今年、「春で155キロ、夏に158キロ」と目標を掲げた。今冬はMLBでも多数導入されているマシン「エルゴメーター」を使って筋力・スタミナ向上に取り組み、「去年は全力で投げていた球も8割の力で投げられるようになった」。そして3月の関東遠征では、最速153キロをマークした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント