高知・森木大智投手に巨人、西武が面談

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

高知高校の154キロ右腕・森木大智投手に、巨人と埼玉西武が面談を行った。巨人・岸スカウトは「高い評価をさせていただいている」と話した。

スポンサーリンク

二刀流も

この日、面談を行ったのは巨人と埼玉西武の2球団、すでに11球団から調査書が届いている。

巨人とは約30分間面談を行い、面談をした岸スカウトは「高校生の中では高い評価をさせていただいている。すごい謙虚で明るい。自分を律しながら、高みを目指している。プロの世界でも伸びてくる。愛される選手になる」と高く評価した。森木投手は巨人について「弱肉強食の世界で、最も厳しい球団。プロ野球の鑑というチーム」と印象を話した。

森木投手は、「評価されているのは投手。投手として行きますけど、打撃が好きなので、目に留まってくれたら、やりたいですとは言ってみます」と話し、「野球選手としてどっちもやりたい。大半の人は無理だろうと言いますけど、挑戦してみたい思いはある」と話した。中学時代から打撃も定評があり、高校通算13本塁打を記録している。

そして、「日本を代表する選手になりたい。勇気、希望、感動を与えられる大きな選手になりたい」と話す森木投手、12球団OKの姿勢でドラフト会議の指名を待つ。

2021年高校生プロ志望届提出選手一覧
2021年の高校生プロ志望届提出選手の特徴や簡単な紹介です。9月27日までに合計159名の選手が提出しました。
2021年度-高校生投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

約30分の面談を終えた巨人の岸敬祐スカウト(34)は「高校生の中では高い評価をさせていただいている。すごい謙虚で明るい。自分を律しながら、高みを目指している。プロの世界でも伸びてくる。愛される選手になる」と絶賛。8日に面談した市和歌山の小園健太と同様、高い評価を口にした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント