夏の高校野球・岩手大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球岩手大会、花巻東に怪物2年生やプロ注目の強打の捕手がいるが、他のチームにも149キロ右腕などプロ注目の選手がいる。ドラフト注目度はA

スポンサーリンク

地区

昨秋は花巻東が優勝し久慈東が準優勝、4強に花巻南、盛岡大付が入った。

春も花巻東が優勝し、準優勝は盛岡大付だが決勝では21−2と点差が開いた。4強は久慈、盛岡三。

花巻東が優勝の大本命となる。対抗の盛岡大付は投手力が鍵、他にも盛岡中央など好投手を要するチームが万全の状態で対戦すればというところ。

注目選手

盛岡中央の齋藤響介投手は、177cm72kgと体は大きくないし先も細い。しかしやや独特なフォームから投げられるストレートは、昨年の時点でもドラフト候補として評価されてもおかしくないものだった。昨年の強力な盛岡大付戦で好投したが、その後は2桁奪三振をしたかと思うと、失点を重ねる試合もあったりとやや安定していない。持っている力を維持できれば、もっと勝ち上がれる投手だと思う。

花巻東はまず今年の候補として、捕手の田代旭選手が注目される。佐々木麟太郎選手の後を打つのに高校通算47本塁打の打力は、敬遠をさせない十分な迫力がある。打撃よりも捕手としての守備の良さ、そして二塁まで1.82秒の肩など、総合的にみても能力が高い。1番バッターで俊足の内野手・宮澤圭汰選手も高い身体能力と技術がある。

そして佐々木麟太郎選手は来年のドラフトの目玉になるのは間違いない。センバツでヒットを打てなかったりと、昨年12月の手術の影響もあったと思うが、今の所大きな課題は感じられない。順調にホームランを打ち続けるだろうが、まずは甲子園で一発を放ち雑音を消し去りたい。2年生では千葉柚樹選手もかなりの打力があり、来年は佐々木の後ろを打つのはこの選手だろう。投手でも2年生の北條慎治投手が183cmから140キロの速球を投げ、高校から投手を始めた選手で来年までに成長しそうだ。

盛岡大付の中沢舟汰選手は、高校入学後すぐに135mの特大弾を放ち、金子選手、小針選手などの大型の先輩の中で引けを取らなかった180cm88kgの体がある。先輩と同じく大学で力をみがいて行くことになりそうだ。

その他の選手

花巻東は技巧派左腕の萬谷大輝投手も磨きがかかっている。他にも俊足の選手、長打力のある選手などがおり、どのような起用をするのか注目したい。

盛岡大付は178cm81kgから140キロの球を投げていた柴田由庵投手が春に右手首を骨折し、夏は復帰が期待される。春は制球力の良い小野寺琉希也投手が投げて成長し、130キロ後半の球を投げる。左腕の武石圭哉投手、2年生のタパローサン投手など力のある投手がおり、誰が出てくるか。野手では船生裕斗選手が178cm90kgの体があり、昨年の打線を思い出させる。

花巻南の柿澤佑多投手は、185cm72kgの右腕投手で内野手から投手に転向し2年時に140キロを記録している。まだポテンシャルがありそうで成長が期待される。沢田航太選手は178cm80kgの右のスラッガーで、2年秋の3位決定戦で盛岡大付から2ランホームランを放った。

久慈高の小川天士投手はカーブ、スライダーなどをうまく使う技巧派で、リリーフで登板する小向陸斗投手は力で押してくる。盛岡三の内田塁斗投手は179cm78kgの右腕投手でストレートに威力があり、変化球もしっかりと投げられる大黒柱。伊保内の屋形場愛司投手は166cmと小柄だが130キロ後半のストレートを投げる。盛岡誠桜の金森壮大投手はスライダー、チェンジアップなどを駆使する好投手。

専大北上の男澤凱生選手は1番バッターとして鋭いプレーで得点を奪っていく。盛岡誠桜の昆広成選手は広角にヒットを打てる選手。

2022年度以降-高校生-岩手県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント