札幌大谷の左腕・森谷大誠投手が148キロ8回ノーヒットノーラン、4球団が視察

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球南北海道大会の、札幌Dブロック代表決定戦、札幌大谷の森谷大誠投手が8回参考ながらノーヒットノーランを達成した。最速148キロの投球にプロ4球団のスカウトが注目している。

スポンサーリンク

15奪三振

森谷大誠投手は172cm83kgの左腕投手で、これまでの最速は147キロを記録していたが、札幌地区の代表決定戦で昨年秋は東海大札幌、今年春は北海に敗れ、道大会で投げることができておらず、あまり知られていない存在だった。

この日の代表決定戦の札幌静修戦では2回2アウトから3回まで5者連続奪三振を記録、走者を許したのは初回先頭打者の振り逃げと2つの四球のみで8回まで進むと、最後の打者も得意のシンカーで空振り三振を奪い、8回ノーヒットノーラン15奪三振を記録した。

「初戦は力みが多く四球が増えてしまったが、反省して、今日は少し力感を抜いて投げられたのが良かった」と話し、エースになってようやく達成した南北海道大会進出を喜んだ。

最速は自己最速を更新する148キロを記録、冬に覚えたというシンカーも冴え、見事な投球だった。この日は4球団のスカウトが視察をし、苫小牧中央・斉藤優汰投手、東海大札幌・門別啓人投手のいる南北海道で、森谷投手の名前もインプットしたに違いない。

春季北海道大会では大会運営の当番校として、門別投手、斉藤投手のピッチングに立ち会った。森谷投手は「悔しかった。投げ合ったら勝つ」と話す。

南北海道大会が更に熱くなってきた。

夏の高校野球・南北海道大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球南北海道大会は、苫小牧中央の斉藤優汰投手と東海大札幌の左腕・門別啓人投手が共に150キロを記録しており、ドラフト上位での指名が期待される。他にも速球派投手や野手も期待される選手が多く、ドラフト注目度はA。
2022年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-北海道のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
札幌大谷・森谷 8回ノーノー自己最多15K!「道産子四天王」本領発揮 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 第104回全国高校野球選手権(8月6日から14日間、甲子園)の地方大会は6日、各地で計21試合が行われた。南北海道大会の札幌支部Dブロック代表決定戦では、今秋ドラフト候補に挙がる札幌大谷の左腕・森谷大誠投手(3年)が、コールド勝ちによる8回参考ながらノーヒットノーランを達成。「道産子四天王」の本領を発揮した。また、福...

最後はシンカーでバットを振らせ、公式戦自己最多15個目の三振で締めた。森谷が8回103球を投げ、許した走者は振り逃げと2四球のみの快投だ。無安打には気づいており、「勝つことが最優先だが、できることならやろうと」。自己最速を1キロ更新する148キロもマーク。プロの評価が急上昇の左腕が、視察した4球団を前にアピールした。

札幌大谷のプロ注目左腕、森谷大誠15K8回無安打無失点「少し力感を抜いて投げた」/南北海道 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
札幌大谷のプロ注目左腕、森谷大誠投手(3年)が、NPB4球団のスカウトが視察する前で、8回無安打無失点、自己最多15奪三振の好投を披露し、チームを南北海道大会… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

自己最速の148キロをマークするなどキレのある直球と、昨年冬に覚えたシンカーを生かし、2回2死から3回まで5者連続三振。「初戦は力みが多く四球が増えてしまったが、反省して、今日は少し力感を抜いて投げられたのが良かった」。走者を許したのは初回先頭打者の振り逃げと2つの四球のみと、札幌静修打線を、ほぼ完璧に封じ込めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント