高校野球、6日目の見どころ

高校野球、6日目の見所をまとめます。

6日目

海星(長崎) 東洋大姫路(兵庫)
永江恭平
3年投手遊撃手
175cm75kg
右右
投手として投げれば149kmをマークするリリーフ。遊撃手では強肩を活かしたプレーに注目 原樹理
3年 投手
178cm68kg
右右
147kmを投げる速球派投手でプロも上位候補にリストアップ
選手を登録する 選手を登録する

海星はやはり永江恭平選手に注目。投手ならば150kmを超えるストレートを投げ、遊撃手ならば特にスローイングに注目。また1年生で180cm77kgの本田勝也投手、長崎大会ではトータルで4回5安打2失点という内容だが、期待をされている選手だろう。東洋大姫路はプロ志望すればドラフト上位候補確実の原樹理投手。兵庫大会では右肩痛で痛み止めを飲みながらの投球にも関わらず、決勝の加古川北戦では延長15回196球を投げ、再試合でも完投した根性とスタミナを持つ。右肩痛や疲れの影響が無ければ良いが。

光星学院(青森) 専大玉名(熊本)
秋田教良
3年 投手
175cm84kg
右右
144kmをマークするエース、独特の鋭い変化球もある 選手を登録する
川上竜平
3年 投手
181cm77kg
右右
142kmを投げるプロ注目選手、センターとしても出場し鋭い打撃を見せる
田村龍弘
2年 三塁手
172cm76kg
右右
既に通算20本を放つスラッガーで予選でも2本。公式戦でのホームランが多く大舞台に強い
金山洸昴
3年 一塁手
175cm82kg
右右
長打力のある選手、予選は不調だったが青森山田戦で2安打を放つ。
選手を登録する

光星学院はドラフト候補がそろう。特に2年生の田村龍弘選手は公式戦でホームランが多い。光星学院独特の落ちる球を駆使する2人のドラフト候補投手にも注目。専大玉名は遊撃手の園道工也選手の肩に注目、リリーフとして登板すると145kmを投げる速球派でもある。また、捕手の田中将平選手は181cm84kgの大型捕手。

藤代(茨城) 徳島商(徳島)
選手を登録する 龍田祐貴
3年 投手
172cm71kg
右右
小柄だが142kmをマークするキレの良いストレートを投げる
選手を登録する

藤代は捕手の佐藤裕太選手は180cm72kgのフットワークの軽い捕手。投手の鵜沢弘充投手は球速こそ130km台だが力のある球を投げる。徳島商は龍田祐貴投手が142kmをマークする。また遊撃手の幸田健斗選手は不動のリードオフマンで打率4割を記録している。

関西(岡山) 九州国際大付(福岡)
堅田祐太
3年 一塁手
175cm73kg
左左
1年時から横からの角度を武器にエースとして活躍していたが伸び悩んでファーストとして出場する。ワンポイントでの投球もある。 高城俊人
3年 捕手
176cm80kg
右右
強肩強打でチームを引っ張りセンバツで準優勝させた。プロも注目の捕手。
水原浩登
3年 投手
179cm77kg
右右
地肩が強く遊撃手として強肩を見せてきた。投手としても140kmを投げていたが、この夏からエースとなる。 三好匠
3年 投手
173cm68kg
右右
センバツで準優勝。140kmを越えるストレートがある。また打撃でも予選で3試合連続弾を放つ
選手を登録する 選手を登録する

関西は1年生からエースとして活躍した左腕の堅田投手が背番号1を水原浩登投手に譲った。水原投手は180cm80kgのガッチリした投手で外野手としてもプロに評価されている。九州国際大付はセンバツ準優勝の打線があり、三好匠選手は予選3本、高城俊人選手はプロ注目捕手、龍幸之介選手もホームランを打てる。


PAGE TOP