夏の高校野球、準々決勝の見どころと注目選手

浅井洸耶, 飯塚悟史, 山城大智, 香月一也, 中川優, 脇本直人

 夏の高校野球はいよいよ全国ベスト8が出そろいました。準々決勝の見所と注目選手をまとめます。

 第1試合は春季大会で東海チャンピオンの三重高校と、九州チャンピオンの沖縄尚学の対戦となった。地区で実力が出ていた2チームがベスト8に勝ち上がり、実力校同士の対戦となる。共に粘り強い投球が持ち味の三重・今井投手、沖縄尚学・山城投手の投げ合いとなる。共に疲れがあると思うが、どれだけ粘れるかになるだろう。

 第2試合、敦賀気比は昨年センバツでベスト4、八戸学院光星は2012年に春夏準優勝と、最近の甲子園で上位進出をしている実力校の対戦となった。注目される敦賀気比の打線だが八戸学院もプロ注目選手が連ねる打線がある。両2年生投手の粘りがポイントとなりそうだ。

 第3試合は機動破壊の健大高崎と攻守にバランスの取れた大阪桐蔭が対戦する。やはり大阪桐蔭のバッテリーが機動力を封じたり、それに惑わされずにプレーできるかがカギとなる。その辺は大阪桐蔭は鍛えられていると思う。逆に健大高崎の投手陣が大阪桐蔭を抑えられるかがポイントになりそうだ。

 第4試合は福島と新潟の隣同士の対決、そして共に9回に逆転して勝ち上がったチーム同士となった。投手力、攻撃力にバランスが良い。投手力に不安のあった聖光学院と一人で投げてきている飯塚悟史投手、この試合も投手の粘りがポイントとなりそう。

 

第1試合

三重高校
山井達也 2年
180cm 右右
小学時代はドラゴンズジュニア、中学時代U15日本代表、大型ながら俊足も高い身体能力 B
佐田泰輝 3年
178cm68kg 右右

内野手としてもセンス溢れるプレーを見せるが、投手として角度と勢いを感じさせる直球を投げる B
今井重太郎 3年
174cm61kg 左左 
130km/h前後のストレートだがテンポよく投げ、左バッターのインコースを攻められる投手。 C
瀬戸上晶 3年
186cm80kg 右右
2年生の11月に東京ヤクルト・館山投手のフォームを参考にオーバースローから、サイドスローに近いフォームにした。 C
沖縄尚学高校
松元孝平 2年
173cm70kg 右右
ミート力とパンチ力を兼ね備えた走攻守三拍子揃っている遊撃手で投手としても勢いがある球を投げる C
赤嶺謙 3年
176cm73kg 右右
沖縄尚学のトップバッター バスター打法でミート力に優れ長打力もあり、右打者ながら一塁到達3秒近いタイムの俊足 B
久保柊人 3年
174cm72kg 右右

走攻守三拍子揃った身体能力が高い選手で、マウンドに登ると143km/hを記録して、関東一高打線を6回2安打4奪三振 B
砂川修 3年
175cm70kg 右右
守備力が高い、球際に強く判断力、スローイング、グラブ裁き、フットワーク、抜けそうな当たりも難なく処理する B
山城大智 3年
175cm68kg 右右
トルネード気味の投球フォームから140km/hの重い速球を低めになげる B

 

第2試合

敦賀気比高校
海野隆一朗 1年
176cm68kg 左左
バランスのいいフォームから質の高いストレートと変化球を投げ込む A
平沼翔太 2年
177cm75kg 右左

中学時代は投手として138km/hを記録し、3年夏の福井大会決勝では142km/hを記録した B
浅井洸耶 3年
178cm75kg 右右
力強いスイングから鋭い打球を放つ強打者で、左右に強い打球を打ち分けることが出来る B
峯健太郎 3年
180cm70kg 右右
俊足強打のリードオフマン。和歌山の龍 甘く入れば一発を持つパワーが武器 B
岡田耕太 3年
173cm80kg 右右
高校通算20本を記録する長打力もある捕手。課題だった守備面も安定感を増しておりチームの中心選手になってきた。 C
八戸学院光星高校
中川優 2年
169cm84kg 右右
高校に入学すると本格的に投手に転向し、体を絞ってエース格に B
馬場龍星 2年
170cm72kg 右右
能力が高いキャッチャーです B
八木彬 2年
179cm82kg 右右
八戸学院光星に入学すると、1年春に練習試合で先発し140km/hを記録して2完封を挙げるなど期待されている右腕 B
呉屋開斗 2年
177cm68kg 左左
キレの良い球と、曲がりの大きな変化球を投げる左腕投手 C
中崎寿希也 2年
176cm70kg 右右
抜群のミート力を誇り巧みなバットコントロールで広角に鋭い打球が打てる C
新井勝徳 3年
186cm72kg 右右
力があるストレートと多彩な変化球で安定感抜群の大型右腕! B
千葉諒 3年
178cm77kg 右右
地肩の強さと抜群の野球センスを持つ身体能力が高い捕手! B
深江大晟 3年
176cm75kg 右右
ウェートトレーニングで体を鍛え、ベンチプレスで110kgを挙げる、3年センバツ前の練習試合では9試合で3本塁打 B
北條裕之 3年
177cm73kg 右右
パンチ力があり長打力が魅力の強打者! B
森山大樹 3年
180cm75kg 右左
重心を低く取った構えから鋭い打球を広角に放つ好打者、2年秋は5番左翼 C

 

第3試合

健康福祉大高崎高校
石毛力斗 1年
173cm65kg 左左
キレが良い球を投げるピッチャーだよ。 B
柴引良介 2年
177cm84kg 右右
沖縄県出身で宮里スラッガーズでエースで主将として活躍し、北谷ボーイズでも活躍した。野球センス良い B
川井智也 2年
171cm68kg 左左
2014年の甲子園予選において高橋光成率いる前橋育英戦に先発し勝利に貢献した。  
脇本直人 3年
180cm80kg 右左

遠投110mの肩力と、推定140m弾を放つ長打力、50m6.1秒の足と3拍子揃っている。日米8球団のスカウトが注目 A
大阪桐蔭高校
青柳昂樹 2年
183cm85kg 右右
身体能力が高く体にパワーがあり力強いスイングから鋭い打球を放つ強打者 B
福田光輝 2年
174cm68kg 右左
センス抜群で攻守にレベルが高い能力が高い遊撃手! B
田中誠也 2年
2年生で迎えた2014年春季大阪大会決勝では、センバツ準優勝の履正社戦で先発を任されると、5失点ながら完投勝利 C
香月一也 3年
173cm80kg 右左
鋭い打球を広角に放つ強打者で走攻守三拍子揃っている。 投手としても力がある球を投げる。 B
正随優弥 3年
180cm83kg 右右

広島鯉城シニアでは140km/hを記録しエースで4番として活躍、大阪桐蔭に入学すると直後に活躍を見せたが6月に右足首を骨折した。  3年春は4番を打ちタイムリ B
中村誠 3年
177cm74kg 右右
体にバネがあり身体能力が高い外野手だよ。 B
福島孝輔 3年
180cm75kg 右左
大阪桐蔭で2年夏の甲子園を経験し、新チームからエースとして投打に活躍 B
峯本匠 3年
172cm70kg 右左
抜群のバットコントロールを誇る巧打者 C
森晋之介 3年
173cm66kg 右左

運動センス抜群で能力が高い選手 C
横井佑弥 3年
174cm75kg 右右
野球センス抜群で攻守にレベルが高いキャッチャー C

 

第4試合

聖光学院高校
石井成 3年
177cm77kg 左左
しなやかな腕の振りからキレがある球を投げるピッチャー B
梅田誉大 3年
181cm80kg 左左
しなりがある腕のふりから球威があるストレートを投げる力があるピッチャー B
安田光希 3年
179cm79kg 右右
力強いスイングから強い打球を放つ強打者! C
八百板卓丸 3年
180cm76kg 右左
バッティングセンス抜群!  
日本文理高校
星兼太 2年
180cm73kg 左左
中学時代に世界大会で3割以上の打率を残し、高校でも1年時からレギュラー A
山口尚樹 2年
171cm64kg 左左
中学時代の新潟ナンバー1サウスポー 綺麗なフォームから130後半のストレート C
飯塚悟史 3年
187cm76kg 右左
長身から投げ下ろす角度と威力がある140km中盤の直球が武器の本格派右腕
打っても明治神宮大会決勝で2発
A
片岡優斗 3年
180cm85kg 右両
チーム中でも長打力は群を抜いている 春季北信越大会では初スタメンで3打数2安打 B
黒臺騎士 3年
170cm60kg 右右
注目してほしいのはなんといっても守備で、難しいバウンドや抜けそうな打球をなんとなくと修理する B
小太刀緒飛 3年
180cm80kg 左左
エース飯塚と二枚看板を貼る投手 140キロ台のキレのあるストレートとスライダー、チェンジアップが武器 B
竹石稜 3年
175cm75kg 右右
三拍子揃ったアスリート選手、右へ左へセンターへ強い打球を巧打、長打、走塁も50m5秒台記録 B

PAGE TOP