高校野球・岐阜大会(2015):ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2015年高校野球選手権ニュース

 県岐阜商の高橋純平投手は最速152km/hを記録し、今年のドラフト候補では大学生、社会人も含めても最上位と評価され、岐阜県で久々のドラフトの超目玉の誕生で注目されている。

地区

 センバツにも出場し、高橋純平投手のいる県岐阜商が最有力だが、春の大会では大垣日大がきっちりと優勝している。第2シードとなった県岐阜商は大垣日大とは別のブロックとなったが、中京高校、関商工など強豪のいるブロックに入り、高橋純平投手の登板が増える事になりそうだ。

 

注目選手

 もはや説明もいらないが、県岐阜商の高橋純平投手は高校NO1投手、昨年の安楽智大投手や高橋光成投手と比べてもそん色は無く、3年生の状態では高橋投手の方が上かもしれない。

 高橋投手と比較される程の実力があるのが、土岐商の勝野昌慶投手、182cm83kgのしっかりした体から最速146km/hの速球を投げる。1回戦を勝ち上がれば7月12日の大垣北公園では県岐阜商、土岐商が2回戦を戦う。プロのスカウトも大勢集まるだろう。

 

その他の注目選手

 投手では海津明誠の伊藤健太投手も181cm80kgの体から質の良いストレートを投げる。昨年秋は20回を投げて2失点、この春も敗れたものの大垣日大戦で3失点完投と、力がある。

 大垣南の藤江知樹投手は177cmの左腕、球速はまだまだだが昨年夏の3回戦・多治見戦で14奪三振で完封するなど好投し、ベスト8まで勝ち進んだ力がある。その多治見にも140km/hを記録する相馬成陽投手がいる。富田高校の加藤一生投手も140km/hを越す速球を投げ、OBの東明大貴投手(2013年オリックスドラフト2位)よりも上と監督が評価している。

 打者では1年春から4番を打ち、いきなりバックスクリーンにホームランを叩きこんだ平田瑞貴選手が、通算本塁打を46本まで伸ばしている。また運動神経が良い遊撃手で、通算30本塁打を放つ帝京可児の米田虎太郎選手も注目の選手。

 麗澤瑞浪の赤塚瑞樹投手は、両投げ両打ちの選手。起用でセンスが良い。

2015年度-高校生-岐阜県のドラフト候補リスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント