センバツ大会の注目選手【野手編】

センバツ大会の出場校が決定した。センバツ出場校とドラフト注目選手 
大会の注目投手を紹介します。

注目野手

やはり一番注目されるのは早稲田実の清宮幸太郎選手。184cm97kgという大きさがあり、高校通算は78本塁打を誇る。そしてそのホームランの圧倒的な飛距離も注目される。昨年秋は5連続三振など、内角低めの沈む球に課題を見せたが、低めを拾ってホームランにする打撃は得意であり、少しでも甘ければ持っていく。課題を克服した姿をセンバツで見せられるか。

 

清宮選手と並び注目されるのは履正社の安田尚憲、こちらも187cm85kgという大きさがあり、今年夏の甲子園でも注目された。秋の明治神宮大会決勝では目の前で清宮選手のホームランを見せられたが、通算44号となるスリーランホームランでお返しをしている。清宮選手よりも穴の少ない打者という評価もある。

 

履正社ではもう一人、右の大砲・若林将平選手も注目。180cm86kgと大きさは二人に次ぐ。打席でボールを待つ姿に迫力がありスイングも鋭い。ツボにはまったホームランも素晴らしい選手で、ホームランを打てる範囲を広げてゆきたい。

 

神戸国際大付の猪田和希選手は昨年秋に、兵庫大会決勝で顔面に死球を受けて鼻骨などを骨折した状態で近畿大会に臨み、上宮太子戦・大阪桐蔭戦で2試合連続ホームランを放った。投げても137キロを記録するが、強肩捕手として投手をリードする。

 

智弁学園の太田英毅選手は、1年時から長打力に注目され、昨年も春・夏の甲子園に出場、甲子園でホームランを放っている。外角を責められる事が多いが、逆方向にも強い打球を放つ事ができ、期待される内野手。

 

宇部鴻城の嶋谷将平選手は、遊撃手でファインプレーを見せるなど守備で一定の評価があり、また打撃でも打率6割を超えた。しっかりと振り切るバッティングで、引っ張る時は力が入るものの、きれいに逆方向に運べる。プロも注目する大型遊撃手。

 

福岡大大濠の古賀悠斗捕手は、少し矯正が入るかもしれないが安定したスローイングを見せる捕手。また打撃でも通算41本を記録し明治神宮大会で長打力も見せた。

 

日大三の金成麗生選手は193cm101kgという大きさがあり、長打力もパワーもすごい。爆発力があり1本ヒットが出ると固め打ちを見せる。脇が開いたり、体の開きなど課題は多いが、オコエ選手のようにこれからどんどん吸収していく選手かもしれない。

 

作新学院の鈴木萌斗選手は快足センターで、広い守備範囲とファインプレー、そして攻撃では足を絡めて昨年夏の全国制覇に貢献している。

盛岡大付の植田拓選手も身長は160cm台と高くないが、抜群の背筋力で長打力は証明済み。バッターボックスでは大きく見える選手。

 

忘れてはいけないのが早稲田実の新2年生・野村大樹選手。1年生に22本塁打を放った清宮選手を越える23本塁打を記録し、サヨナラの場面などで勝負を決める打撃を見せる。守備でもサードで良いプレーを見せ、ファイトもあり学力も抜群、清宮選手と共にプロのスカウトがマークを続ける選手。

 


PAGE TOP