2019センバツに向けて、市和歌山の注目選手

市和歌山, 桑原淳成, 壱岐有翔, 榎田玲也, 岩本真之介, 米田航輝, 緒方隆之介, 柏山崇

センバツ大会に出場するチームの注目選手について、個人的に注目したい選手を紹介して行きます。今日は市立和歌山高校。

市和歌山の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度C:柏山崇選手は秋に4番を任され打率.375を記録、強肩で投手として投げて140キロを記録する。打球の強さ、投手としての可能性をチェックしたい。

注目度C:緒方隆之介選手は遊撃手、50m6.2秒の足もある。秋は打率.364で3番でチームの軸となった。守備、打撃などを見たい。

注目度C:米田航輝選手は遠投110mの捕手、2年秋は打率.233と打撃はまだまだだが、肩の強さをチェックしたい。

注目度C:岩本真之介投手は新2年生、1年秋はエースとして6完投1完封、角度のある投球と動くストレート、多彩な変化球を投げる180cmの左腕、61kgの体重が増えてくれば球速も増してくるかもしれない。潜在能力をチェックしたい。

注目度C:榎田玲也選手も新2年生、ケガのため秋は出場していないが練習試合で2本塁打と長打力が光る。出場したら長打力をチェックしたい。

注目度C:壱岐有翔選手も新2年生、186cmの大型外野手で秋は故障で結果は残せていないが、左バッターとしてどんな打撃をみせるか。

注目度C:桑原淳成選手も新2年生、180cm98kgという大きな選手。打撃はまだまだ粗いが潜在能力を見たい。

チーム

打線は新2年生の大型トリオを中軸として育てようとしていたが、3人とも故障などで結果を残せなかった。代わりに主軸となった緒方選手、柏山選手が結果を残している。この二人がキーポイントとなりそうだが、新2年生トリオから急成長を見せる選手が出てきてほしい。

投手はエースの岩本投手が中心でリリーフで柏山投手が140キロの速球を見せる。2年生エース頼りという感じ。岩本投手は5点前後まで抑えることができれば、打線は7,8点を奪う力がある。岩本投手の我慢強さがチーム勝利のカギとなる。

市立和歌山高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP