東北楽天ドラフト2位・池田隆英投手が149キロも1回4失点に厳しい評価

東北楽天ルーキーニュース

東北楽天のドラフト2位ルーキー・池田隆英投手が、埼玉西武との練習試合でプロ実戦初登板をしたが、1回を投げて4安打4失点し、コーチからは厳しい評価が聞こえた。

球は速いが

池田隆英投手はこの日、8回から3番手として登板すると速球は140キロ後半を連発し最速は149キロを記録した。しかしカーブなど変化球でストライクが取れず、ストレートを打ち込まれ、1回で4安打に2四球、4点を失った。

池田投手は創価大時代に最速151キロを記録し、きれいなフォームから投げるストレートに注目された。ただしストレートは痛打され、変化球の課題もあり4年春までは成績としては残せていなかった。しかし秋に4勝0敗、防御率0.80を記録しブレークしていた。

この日は大学時と同じような投球だったのだろう、変化球の制球の課題があり、きれいなフォームからの速球は伸びが無ければタイミングが合いやすい。「そりゃ真っすぐだけじゃ打たれますよね。コンビネーションで打ち取るのがスタイルなのに」と池田投手は話した。

与田コーチは「練習量が足りないということ。低めに直球を投げられるという収穫もあったが、変化球でカウントを取れるようにならないと。」と話し厳しい評価を下した。

変化球の制球ももちろんだが、プロで生き残るためにはストレートの質を追求したい。昨年秋は創価大と対戦したバッターによると、池田の方がストレートが差し込まれたという話をしていた。同じ綺麗なフォームからの140キロ後半の速球でも、昨年秋は少し違っていたのだろう。それを再び投げられるかどうかがポイントとなりそうだ。

2017年ルーキーの活躍・成績一覧

直球は140キロ台後半を連発し、最速149キロ。それでも、得意のカーブでストライクが取れず、直球をことごとく痛打された。「そりゃ真っすぐだけじゃ打たれますよね。コンビネーションで打ち取るのがスタイルなのに」と反省した。

与田投手コーチは「練習量が足りないということ。低めに直球を投げられるという収穫もあったが、変化球でカウントを取れるようにならないと。課題は見ての通りです」と表情を曇らせた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント