巨人、ドラフト1位、2位ルーキーは3軍スタート

畠世周, 吉川尚輝

巨人はキャンプメンバーの振り分けを発表し、ドラフト1位の吉川尚輝内野手とドラフト2位の畠世周投手は3軍スタートとなり、ルーキはすべて2軍、3軍からスタートとなる。

1位2位は3軍スタート

昨年はドラフト1位の桜井俊貴投手、ドラフト2位の重信慎之介外野手、そしてドラフト7位の中川皓太投手が1軍キャンプスタートし、桜井投手、重信選手は開幕1軍まで生き残った。しかし桜井投手はすぐに故障をしてしまった。

今年はドラフト2位の畠世周投手は昨年冬に受けた右肘の手術の影響で、またドラフト1位の吉川尚輝選手は新人合同自主トレで右肩は右腕の痛みを訴え、3軍スタートとなった。畠投手は予定通りだと思うが、吉川選手については少し気になる。

その他、ドラフト3位の谷岡竜平投手(東芝)、ドラフト4位の池田駿投手(ヤマハ)の社会人出身投手も2軍からのスタートとなり、慎重さをうかがわせる振り分けとなった。

2年目では桜井投手、重信外野手、山本泰寛内野手の他、宇佐見真吾捕手も1軍キャンプに入り、中川投手は今年は2軍スタートとなった。

FAで移籍した中では山口俊投手が2軍スタート、森福投手、陽外野手は1軍スタート。

2016ドラフト指名選手 | ドラフト会議ホームページ2017 Draft home page


PAGE TOP