千葉ロッテ・井上晴哉選手が開幕4番も、ルーキー野手の開幕1軍予想

井上晴哉

 千葉ロッテの井上晴哉選手が埼玉西武のエース・岸投手のカーブを捉えて先制のタイムリーヒットを放ち、開幕4番をも手に納めようとしている。ルーキー野手の開幕1軍出場の予想をまとめる。

 

打率.421

 井上晴哉選手のオープン戦の打率は規定打席に1足りないが.421を記録している。また4番で出場し、仕上がってきた岸投手から打点を挙げる結果を残すなど、4番として申し分ない結果を残した。千葉ロッテは4番候補の今江選手がケガのため開幕出場が微妙となり、開幕4番を務める可能性が出てきた。

 井上選手は中央大学時代に東都リーグで100安打を記録し、長打力と共に巧打も併せ持つ選手として評価されていた。社会人では4番を打ち、短い時期でホームランを連発する爆発力を見せたものの、ドラフト会議では5位という評価だった。しかしオープン戦で各チームのエース級投手の変化球を捉えるなど、巧打で結果を残している。

 さらに試合だけでなくファンや報道陣へのサービスという点でも球団社長から評価されるなど、プロという舞台が本当に合っている選手だと感じる。

 

巨人・小林誠司捕手、広島・田中広輔選手、千葉ロッテ吉田裕太捕手

 昨年のドラフトで指名された野手のうち、井上選手以外では、巨人の小林誠司捕手が阿部捕手らの控えとして1軍入りしそうだ。さすがのドラフト1位ルーキーで、高校、大学、社会人で経験豊かな選手で、捕手としても打者としても結果を残した。

 広島のドラフト3位・田中広輔選手はレギュラーとして出場する可能性がある。打率も3割以上を打ち、ホームランも放っている。セカンド、ショート、サードなどの守備もこなしている。梵選手の状態などもあるがショートのレギュラー出場の可能性が高くなっている。

 千葉ロッテのドラフト2位・吉田裕太選手も捕手としての総合力にホームランも記録する長打力が評価が高く、ポスト里崎として1軍入りが確実視されている。また阪神のドラフト4位・梅野隆太郎選手も勝負強い打撃が評価されている。阪神は藤井捕手のほか、横浜DeNAから移籍した鶴岡捕手などがおり、3人目の枠を争っている。

 東京ヤクルトのドラフト2位・西浦直亨選手も開幕1軍でショートでの出場が濃厚となっている。法政大の4番を打ち長打力のある大型遊撃手で、大学時代やオープン戦でも打率はまだまだだが、出場させて育てていく方針のようだ。西浦選手が育てば東京ヤクルトにとって大きな存在となる。また北海道日本ハムの岡大海選手も課題の守備でも魅せるプレーを魅せており、打撃の確実性はまだまだだが、足で相手をかき乱す力があり、1軍入りの可能性がある。

 

 地に生えたような下半身で踏ん張った。井上は泳ぎかけながら、岸のカーブを拾った。初回2死二塁から中堅右へ先制打。エースの宝刀を初球から仕留めた。本来4番を務める今江は、左ふくらはぎ筋膜炎で開幕戦出場が微妙な状況。伊東監督は「今のところ(今後も)4番を打たせようと思う」と、今江不在時の開幕4番として合格点を与えた。

 7回にも第1ストライクを左前へ。「見るのは得意じゃない。振っていって見る、という感じ」と、独特の表現で自身の積極性を説明した。規定には1打席足りないが、打率4割2分1厘でオープン戦の“隠れ首位打者”。開幕戦で対戦するソフトバンク・摂津同様、カーブが武器の岸を攻略した井上を、指揮官は「価値がある」と称賛した。


PAGE TOP